We-Are-The-World ネットニュース

We-Are-The-World ネットニュースです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

名古屋・河村たかし市長、"大正~昭和に並んだ広小路屋台の復活を"

名古屋市の河村たかし市長が25日の市議会2月定例会で、市中心部の広小路通で大正から昭和期に並んだ屋台を、今夏に復活させる
構想を表明した。しかし、水道の給排水やごみ処理、トイレ設置など課題が山積しており、担当する市観光推進室は"全く準備できておらず、
今夏に間に合わせるのは難しい"と困惑。屋台が並ぶ懐かしい光景がよみがえるかは不透明だ。
 斉藤高央市議(自民)が個人質問で"屋台は観光資源としてポテンシャルが高い。復活に向けモデル事業実施を"と聞いたところ、
河村市長は"今年の夏には広小路で一杯やれるようにしよう。陣頭指揮を執り、課題を解決する"と答弁した。
 議会休憩中、河村市長は報道陣に対し"事業費はほとんどかからず、確実にもうかるのだから民間に負担してもらえばいい。酒を飲んで
人生を語り合う場にする。7月には地下鉄伏見駅から名古屋駅の笹島交差点まで広小路通の歩道に屋台を並べ、その後は常設化を目指す"
と意気込みを語った。
 河村市長は答弁の前に、具体的な復活時期などを市観光推進室に知らせていなかった。このため担当者は"寝耳に水"と驚き、"沿道の
飲食店はライバルになる屋台の進出を歓迎しない可能性がある"と心配する。

市中心部を東西に走る広小路通では、かつて酒や料理などを出す屋台が並び、最盛期は約350軒に達したとされる。そのにぎわいから、
東京・銀座を散歩する"銀ブラ"に対抗し、"広ブラ"という言葉が生まれた。しかし、衛生面が問題視され、車道の拡幅計画が出たことなど
から1970年代に姿を消した。
ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000m040144000c.html
地図=屋台復活の構想区間
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/select/images/20150226k0000m040148000p_size6.jpg

3月8日の"サバの日"に合わせ、京都のサバ専門店で"振る舞いサバ"企画

サバ専門店"SABAR京都烏丸店"(京都市下京区高辻通新町西入る堀之内町)で3月8日、"振る舞いサバ"企画が行われる。
 3月8日の"サバの日"に、福島・天満店と3店合同で行う同企画。"サバ一番"に掛けて3店合計で381枚の"ふるまい券"を近隣や利用客に
配布する(1店あたり127枚)。当日は店頭でサバずし2貫と、ビール1本を進呈するほか、"サバ検定"(有料)も行い、合格者にはバッジと
認定証を進呈する。同企画終了後、バッジを提示すれば同店のファーストドリンク1杯が無料になる特典が付く。
 "サバ博士"の異名を取る"鯖(さば)や"社長の右田孝宣さんは"年に一度の"サバの日"なので、みなさんと盛り上げていきたいと今回
初めて企画した。多くの方に楽しんでいただければ"と参加を呼び掛ける。

振る舞い券配布は無くなり次第終了。引き替えは当日15時8分~17時まで受け付ける。(すしの種類は選べない)当日の営業は17時~
23時38分のみ。3月9日は店休日となる。
ソース(烏丸経済新聞) http://karasuma.keizai.biz/headline/2251/
写真=同店がこだわる"とろサバ"を使った鯖寿司
http://images.keizai.biz/karasuma_keizai/headline/1424953491_photo.jpg
写真=ランチの人気メニュー"とろサバ丼定食"
http://images.keizai.biz/karasuma_keizai/photonews/1424954036_b.jpg

修学旅行も給食も無料 京都・伊根の小中学校

新年度から小中学生の給食費や修学旅行費、教材費の一部を無償化すると発表した。
子育て世代の負担を軽減し、定住促進につなげたい考えだ。
2015年度予算案と14年度の3月補正予算案に関連経費約700万円を盛り込む。
文部科学省の担当者によると、"複数の項目にわたって自治体が全額負担する例は全国的にも珍しい"としている。 同町には現在小学校2校と中学校1校があり、児童・生徒数は計99人。
町が全額負担の方針を決めたのは、給食費計約440万円▽小6と中2の修学旅行費計約160万円▽理科の実験器具やテスト用紙などの教材費計約100万円。
保護者負担は年に6万~14万円軽くなるという。 過疎・高齢化が進む同町では、1950年代に7600人を超えていた人口が今年1月末で約2300人まで減少。
昨年11月の町長選で3選を果たした吉本秀樹町長が"教育費無料化"を公約に掲げていた。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000013-asahi-pol

北陸新幹線 黒部宇奈月温泉駅周辺の施設完成

北陸新幹線の開業まで2週間余りとなり、富山県黒部市では、新しい駅の周辺で整備が進められてきた私鉄の駅や観光案内施設などが完成し、記念の式典が開かれました。
北陸新幹線は、今の長野新幹線を延伸する形で来月14日に金沢ー長野間が開業することになっていて、富山県の黒部市には"黒部宇奈月温泉駅"が設けられます。
駅の周辺では、7年前からおよそ43億円をかけて黒部市が複数の施設を整備し、26日、完成を記念して、イベントなどを開く施設"ふれあいプラザ"で式典が開かれました。黒部市の堀内康男市長は"新幹線の利用者に施設を活用してもらい、にぎわいをつくって地域を発展させていきたい"とあいさつしました。このあと、新幹線の新駅に隣接して新たに作られた富山地方鉄道の"新黒部駅"でも、関係者がテープにハサミを入れて完成を祝いました。
駅の周辺では、ほかにも観光案内や土産物を販売する"地域観光ギャラリー"や駐車場などが整備され、黒部市は、新幹線の駅からほかの交通機関に接続するいわゆる2次交通や観光案内を充実させたいとしています。式典のあと堀内市長は"2次交通の利便性を高めて、利用客の増加を図っていきたい"と話していました。

"島原は城下町の風情があり、街歩きが楽しい"

桃の節句に合わせ、お内裏さまなどに扮(ふん)した約50人の"人間ひな行列"が1日、島原市中心部を練り歩き、春の城下町を彩った。  島原城やアーケードなどにひな人形約3千体を飾る"島原城下ひなめぐり"(実行委主催、8日まで)の一環。銀行員の冨澤まどかさん
(26)が女びなに、デザイン事務所代表の鹿田雄也さん(27)が男びなに扮した。市民や園児らが、三人官女、五人ばやし、子ども隊などに
仮装し、アーケードの往復約1・6キロをパレードした。県の広報ボランティア"長崎がんばらんば隊"隊長、副隊長のがんばくん、らんばちゃん
も特別参加し、花を添えた。  長崎市出身の冨澤さんは"貴重な体験ができた。島原は城下町の風情があり、街歩きが楽しい"と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150302-00010000-nagasaki-l42

写真=台車に乗ったお内裏さまなどで彩った"人間ひな行列"=島原市、アーケード
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20150302-00010000-nagasaki-000-view.jpg

奥州食の黄金文化祭・おやつフェス、和洋130種

奥州市内の食材で作ったお菓子を集めた"奥州食の黄金文化祭2015~おやつフェスティバル~"(市主催)は28日、同市水沢区
佐倉河のプラザイン水沢で初めて開かれた。市内の菓子店などが製造するケーキやシュークリーム、どら焼き、煎餅など130種類以上
の和・洋菓子を販売。大勢の親子連れが訪れ、お目当てのおやつをその場で味わったり、菓子作りを体験したりするなど、思い思いに
楽しいひとときを過ごした。  おやつフェスは、市が取り組む地域6次産業化の一環で、市地域6次産業化ビジョン策定チーム(後藤大助リーダー)が主管。
水沢菓子組合や県菓子工業組合奥州支部などが協力した。  市内産の食材を使って製造・販売している菓子店などに参加を呼び掛けたところ、同日は市外1社を含め33店舗が出店。試食品を
提供して自慢のお菓子の売り込みに力を入れた。  会場には親子連れやスイーツ好きの女性らが大勢詰め掛けた。洋菓子のモンブランを作る体験教室や煎餅を焼く体験コーナーは
子供たちで盛況。人気商品を扱う店舗前では、購入待ちの人で長蛇の列もできるなど、にぎわいを見せていた。

http://www.iwanichi.co.jp/tankoh/item_43061.html

写真=初開催された"奥州食の文化祭2015~おやつフェスティバル~"で、菓子職人の作業に見入る子供たち
http://www.iwanichi.co.jp/iomedia/4/20150301-mizu_amai.jpg

素朴な伝統の利賀そば味わう、利賀村・豆谷地区

南砺利賀そば祭り(北日本新聞社共催)のルーツとなったそば会が1日、利賀村の豆谷公民館で開かれ、地区内外の人たちが素朴な
利賀そばを味わい、和やかに歓談した。  豆谷地区では戦後、住民同士の親睦の場としてそば会が始まり、長く厳しい冬の娯楽として親しまれた。1972年からは"豆谷そば祭り"
と銘打って地区出身者らも招くようになった。招待者が増え、86年に旧利賀村が中心となり"利賀そば祭り"に発展させた。  豆谷地区振興協議会(窪田晶夫会長)が開き、住民有志がそば粉に卵を混ぜた十割そばを約200食用意した。各家で作った山菜料理
なども持ち込まれた。大学の活動で利賀を訪れた北海道大の学生らも参加し、そば運びを手伝うなど運営に協力した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150301-00020228-kitanihon-l16

写真=笑顔でそばを味わう住民たち=南砺市利賀村の豆谷公民館
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20150301-00020228-kitanihon-000-view.jpg

日本最長の首都高・山手トンネル 開通前に2万人が歩く

首都高・山手トンネル 開通前に2万人が歩く(03/01 17:52)  首都高速中央環状線が7日に全線開通するのを前に、完成したばかりのトンネルを2万人が歩きました。  1日に一般公開されたのは、全長が18.2kmに伸び、日本最長となった中央環状線の山手トンネルです。
家族連れなど約2万人が参加し、五輪カラーに照らされたトンネル内を歩きました。  参加者:"高速道路を歩けるのはめったにないから、良い経験だと思います"
"普段は電車で羽田空港に行ってたけど、車で行こうとなるのではないか"  中央環状線の渋谷線大橋ジャンクションから湾岸線大井ジャンクションの区間は、7日の午後4時に開通します。
首都高速によりますと、これにより、新宿から羽田までが40分から20分に短縮されるということです。

https://www.youtube.com/watch?v=wkJKj6YEKvA

首都高中央環状線 1万4000人が"山手トンネルウオーク" TOKYO MX
https://www.youtube.com/watch?v=S_T8xTb4Zro

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000045457.html

http://news.tv-asahi.co.jp/articles_img/000045457_640.jpg

首都高中央環状線は計画から52年を経て、今月7日に全線が開通します。
http://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=201503016

http://s.mxtv.jp/mxnews/img/news_img/201503016.jpg

フォトサンプル
ページのトップへ戻る