We-Are-The-World ネットニュース

We-Are-The-World ネットニュースです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

独り勝ちの金沢、焦る富山と福井、「北陸新幹線」開業の経済効果

3月14日の開業を控えた北陸新幹線。東京~金沢間を最速で2時間28分で結ぶ。多くのホテルや旅館が満室となるなど、経済効果に
期待が集まっているが、実際には地域ごとに温度差があるようだ。 ■長野県や岐阜県にも恩恵!観光客を呼び込むPR合戦が過熱 全席指定で停車駅の少ない「かがやき」、自由席があり、各駅停車の「はくたか」、金沢~富山間に限定して各駅停車する「つるぎ」の
3列車が走る北陸新幹線。所要時間は、東京~富山間は現在より1時間3分短縮され、2時間8分(最速)、東京~金沢間は1時間19分
短縮されて2時間28分(同)となる。また、長野~金沢間は2時間25分短縮され、1時間(同)だ。運行するのは、東京~上越妙高間がJR東日本。上越妙高~金沢間がJR西日本だ。距離の比率はおよそ6:4。収入もこの比率で
分け合う。

http://diamond.jp/articles/-/68328

写真=3月14日に金沢・富山~長野間で開業する北陸新幹線。東京~金沢を約2時間半で結ぶ
http://diamond.jp/mwimgs/a/e/300/img_aee2aa1a5ff69cc32b5d255520ef0a431108331.jpg

火柱勇壮、京都に春告げる 京都三大火祭りの一つ、清凉寺

京都三大火祭りの一つ「お松明(たいまつ)式」が15日、京都市右京区の清凉寺で営まれた。バチバチと音を立て、雲を貫くかのように
燃える火柱が参拝者を赤く照らし、春の到来を告げた。釈迦(しゃか)が入滅した日に遺徳をしのぶ「涅槃会(ねはんえ)」にちなむ行事で、釈迦が荼毘(だび)に付される様子を表すとされる。
松明の火勢の強弱で、その年の農作物の豊凶を占う。本堂で法要が営まれた後、僧侶や保存会員が境内を練り歩き、早稲(わせ)、中稲(なかて)、晩稲(おくて)に見立てた高さ約7メートル
の大松明に点火した。勢いよく火の粉が舞い始めると、参拝者は歓声を上げ、カメラやスマートフォンで撮影した。ソース http://kyoto-np.jp/sightseeing/article/20150315000132

陽光にキラリ、樹木の雪下ろし 帯広・真鍋庭園

サラサラという軽やかな音とともに雪の粉が舞い、陽光に輝く―。観光庭園「真鍋庭園」(帯広市稲田町東2線)で樹木の
雪下ろし作業が行われている。10日の大雪後、湿った雪が夜の冷え込みで樹上にこんもりと凍り付いた。放っておくと枝や幹が曲がったり折れたりしてしまうため、
職員は4メートル近いさおを枝の間から差し、大きな雪塊で下の枝を傷つけないように少しずつ雪を削っていく。樹齢約1500年の
イチイや約100年のゴヨウマツなど、針葉樹約50本の雪を3、4日かけて落とす。http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/598238.html

長野「新幹線がのびても、金沢には負けない!!」

金沢延伸に向け3月7日にオープンしたJR長野駅の駅ビル「MIDORI長野」。
上田市から家族連れで訪れた団体職員の男性(49)は「延伸で金沢、富山に行けるのはうれしい」としながらも
「長野県内が通過点にならないか心配です」と話します。 その兆候は18年前の長野新幹線開業時にも「ストロー効果」として指摘されました。
当時は東京~長野間が在来線特急でも3時間近くかかっていたため日帰り出張は難しかったのですが、
新幹線開通で日帰りエリアになったため企業の長野営業所などが次々に廃止、縮小され、長野の経済に影響を与えました。
それまで地元での買い物が多かった女性なども「銀座まで日帰りで」ということが珍しくなくなったのです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150314-00000013-wordleaf-bus_all

毎年恒例、赤坂サカスの春イベント

スペシャルイベント「ディズニー・イースター」
今年は2つのパークで楽しもう!
東京ディズニーリゾートで4/2から開催されるスペシャルイベント
「ディズニー・イースター」を今年も赤坂サカスでいち早く紹介。
みんなで一足早く春の到来をお祝いしよう! http://sacas.net

北海道新幹線開業まで1年 函館でイベント

北陸新幹線が金沢まで延伸開業した14日、県などは函館市で北海道新幹線開業1年前イベントを開いた。
観光地として知名度が高く延伸開業で最高潮の盛り上がりを見せる金沢に対し本県と道南地域の存在感を示そうと、
参加者約200人が津軽海峡交流圏形成に向け決意を新たにした。
 イベント「津軽海峡交流圏公開生バトルIN函館」は県、北海道渡島総合振興局、北海道檜山振興局が共催し、
昨年本県で開催したイベントで交流が始まった本県と道南地域の人々が六つのテーマでトークバトルを展開。
両地域の方言の類似点を指摘して一体感を共有したり、りんご娘が雪かきをモチーフにしたダンスを披露したりして
両地域の魅力をアピールした。 ゆるキャラやご当地アイドルらが出演し道南と本県が一体感を強めた北海道新幹線開業1年前イベント「津軽海峡交流圏公開生バトルIN函館」
http://www.mutusinpou.co.jp/wp-content/uploads/image/news20150315-01.jpg
ソース
http://www.mutusinpou.co.jp/news/2015/03/35523.html

御影供まつり

弘法大師・空海上人を追慕し、心から報恩感謝の誠を捧げるもので、「正御影供」の3日間を中心に3月18日から24日の1週間を「御影供まつり」として、各種法要を奉修いたします。 http://kawasakidaishi.com

料理人が太鼓判、若狭ぐじの実力

北陸新幹線が福井に延びたとき、「越前がに」と並ぶスター選手がほかにもあったら―。福井県を代表する料理人に"次期スター候補"を探してもらった。まず訪れたのは、「現代の名工」に選ばれた黒味傳(つたえ)シェフ(73)がいる福井市文京4丁目のフランス料理店「ジャルダン」。
黒味さんの一押しは若狭ぐじ(アマダイ)だ。信頼するおおい町の漁師、子末哲也さん(41)から取れたてを送ってもらった。黒味さん監修の下、一品目は平田康博料理長(51)が手掛けた「大吟醸の香りをつけた若狭ぐじのロティ」。切り身を塩と昆布で味を付けた日本酒にくぐらせ、オーブンでじっくり焼く。
日本酒を使うことで特有の赤い皮目の色つやがよくなる。身は柔らかいが、あぶってあるのでしっかりした食感の後、独特の甘味が口に広がった。藤井隆明副料理長(36)は春をイメージした「若狭ぐじと菜の花のヴァプール」。刻んだ菜の花を塗った切り身を蒸し上げた。
アマダイのだしを使ったソースの上に、桜の花が入った泡状のソースがかけてある。菜の花の苦味をアマダイの甘味が追っかけてきた。平田さんは県産ガサエビのムースも作ってくれた。ムースの中にはガサエビ、マッシュルーム、トリュフのあえ物が詰まっていて、ガサエビの強い甘味が楽しめた。
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/photos/20150315164154_1379235249.jpg
引用元:福井新聞 http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/index_other.php?page=article&storyid=66372&storytopic=159

日本の桜「ソメイヨシノ」、起源(原木)は上野公園?

日本の代表的な桜であるソメイヨシノは、東京都台東区の上野公園に現存する1本を原木として全国に広がった可能性があるとの研究結果を千葉大の
チームがまとめ、12日発表した。ソメイヨシノは江戸時代から明治時代にかけて登場したとされるが、起源は不明で論争が続いている。中村郁郎教授(分子育種学)は「まだ推測が多く
仮説の段階だが、論争を決着させるきっかけになるかもしれない」と話している。ソメイヨシノは原木から人の手による接ぎ木で広まり、全ての木が同じ遺伝子を持つクローン。チームは上野動物園の表門近くの区画に、ソメイヨシノ
4本と、コマツオトメなど近縁種の桜6本が並んで植えられているのに着目。遺伝子を解析すると、6本はソメイヨシノと共通の親木を持つ兄弟の桜と
判明した。チームは、兄弟が規則正しく並んでいることから、親木を交配して同時期に生まれた桜が一緒に植えられたと考えた。その後、見栄えの良いソメイヨシノが
品種改良の成果として選抜されたとみている。植えられた時期は、明治時代より古い150年以上前と推測。ソメイヨシノのうち区画の端にある1本が、観賞用ではなく、接ぎ木の枝を採るための原木の
可能性があると結論付けた。ただ樹木医の見立てでは、このソメイヨシノの樹齢は100年程度。中村教授は「幹をくりぬいて年輪を調べられれば、信ぴょう性が確かめられる」と
説明している。
http://www.chibanippo.co.jp/news/national/245522

浅草観音示現会「金龍の舞」奉演

浅草寺の本尊観世音菩薩が宮戸川(現在の隅田川)から出現したとされる推古天皇36年(628年)3月18日を記念し、
ご本尊示現会としての法要が行われ、「金龍の舞」が奉納されます。
仏法守護の龍神が観音示現の折、金麟を輝かせたという、金龍山号に由来する浅草寺縁起にちなんだ舞が披露されます。
じゃらん 開催期間 2015年3月18日 11:30(雷門11:00出発)、14:00(伝法院13:30出発)、15:30(伝法院15:00出発) ※小雨決行
開催場所 東京都 浅草寺境内
交通アクセス 地下鉄銀座線・地下鉄都営浅草線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス「浅草駅」下車
主催 浅草観光連盟、浅草観音奉賛会、浅草神社奉賛会
ホームページ http://www.e-asakusa.jp/ 以下ソース じゃらん
じゃらん

北陸新幹線開業を記念、JR軽井沢駅で金沢の夫婦が公開結婚式

北陸新幹線延伸開業を記念し、沿線のJR軽井沢駅(長野県軽井沢町)で14日、金沢発東京行きの「はくたか」に乗って金沢市から
来た夫婦の公開結婚式が開かれた。北陸地方に軽井沢での結婚式を売り込もうと、同町のブライダル業の関連団体が企画した。夫婦はタキシードとドレス姿で駅に降り立ち、駅長の案内で通路に設けられた会場まで移動。通行人も見守る中、藤巻進軽井沢町長ら
が立会人となって式を挙げた。新婦の小熊加奈さん(28)にとって、軽井沢は昨年亡くなった母とよく訪れた思い出の場所という。加奈さんは「心の中で母に見ていてね、
と思いながら式をした」と笑顔で話した。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/598133.html
写真=結婚式のため、開業した金沢からの北陸新幹線「はくたか」でJR軽井沢駅に着いた夫婦=14日
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/image/7900_1.jpg

「六角堂プリン」に春の味 浅田屋グループが2種発売

http://www.hokkoku.co.jp/images/K20150314305_1main.jpg
 浅田屋グループ(金沢市)は16日、ステーキハウス六角堂の持ち帰り用菓子「六角堂プリン」の春限定商品として、和をイメージした2種類=写真=を発売する。卒業や入学など祝い事が多い春を意識し、サクラの花や金箔(きんぱく)で華やかに仕上げた。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/K20150314305.htm

慶讃:浅草寺本尊御示現 浅草神社宮神輿本堂「堂上げ・堂下げ」

宮戸川(現在の隅田川)から浅草寺の本尊観世音菩薩が出現したとされる
推古天皇36年(628年)3月18日を記念し、「示現会」の法要が行われます。 1日目の夕刻に、浅草神社にて神職神霊入れの儀が斎行された後、
本社神輿3基が氏子衆により浅草寺へ向けて出発します。
松明で照らされた浅草寺本堂外陣へ「堂上げ」された神輿は一夜奉安されます。 2日目の午前に、本堂外陣に納められたご神体が本堂より「堂下げ」され、
浅草寺境内に安置された後、夕刻に浅草神社へ還御(かんぎょ)されます。http://www.jalan.net/jalan/img/2/event/0162/KL/e162842a.jpg

「さようなら」「ありがとう」 ブルートレイン北斗星、ラストラン

夜行寝台特急で唯一のブルートレインで14日のダイヤ改正で定期運行を終える「北斗星」の最終列車が13日、
JR上野駅を出発した。ホームには約3000人の鉄道ファンらが詰め掛け、ラストランを見送った。北斗星の最終列車は午後6時44分、上野駅の13番ホームに入線した。ホームで行われたセレモニーで
太田稔・上野駅長は「27年間、しっかり役割を果たした。『ありがとう、北斗星』と見送りたい」とあいさつした。午後7時3分、駅長の合図で出発すると、「さようなら」「ありがとう」と声が上がった。カメラを持つファンで隣の14番ホームまで混み合った。北斗星は1988年3月、青函トンネル開通に合わせて運行を開始。テレビやシャワーを備えた豪華な客室や料理が人気を集めた。特急「あけぼの」(上野-青森)が昨年3月に廃止され、最後のブルートレインとして運行していたが、
来年度末の北海道新幹線新青森-新函館北斗間の開業に向けた青函トンネルでの検査などのため廃止が決まった。
8月までは臨時列車として走行する。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150313-00000090-mai-soci

夏目漱石にゆかりのある二松学舎大付と松山東が1回戦で対戦

明治の文豪・夏目漱石ゆかりの二松学舎大付(東京)と
21世紀枠で選出された松山東(愛媛)が対戦することになった。 松山東と言えば、1933年以来82年ぶりのセンバツ出場。1892年創部の野球部は
帰省した明治の俳人・正岡子規が後輩に野球を教えたことがルーツになっているという。
愛媛県尋常中学時代に教師として赴任した漱石が1895年に1年間教壇に立ち、
同校での体験を基に小説「坊っちゃん」を書いたのは有名な話だ。 また、11年ぶりに出場する二松学舎大付にとっても、実は漱石と深い縁があるのだ。
漱石は14歳だった1881年に当時漢学塾だった二松学舎の門を叩き、1年ほど
漢詩文などを学んでいる。 また、漱石は松山東の卒業生で親友の子規から「漱石」というペンネームを譲り受けたという
縁もある。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/13/kiji/K20150313009973000.html

吉田東洋の写真 - 土佐山内家宝物資料館

高知市の土佐山内家宝物資料館は13日、土佐藩の藩政改革を推し進めた藩士吉田東洋(1862年暗殺)の
肖像写真が、ジョン万次郎(1827~98年)が撮影した可能性が高いと発表した。 写真の原板を東京大学史料編纂所などが調査。遣米使節団として渡米、写真技術を習得したジョン万次郎が、
1861年に江戸で撮影したとみている。 編纂所の技術専門職員谷昭佳さんは「日本写真史上、最初期の湿板写真で、実質的な写真文化の始まりに
位置する1枚だ」と説明している。 吉田東洋は藩主山内容堂に起用され、革新的な藩政改革を進めたが、土佐勤王党と対立、暗殺された。
 写真は、吉田東洋の子孫が保管、昨年11月に寄贈した。

http://www.sankei.com/west/news/150313/wst1503130032-n1.html
画像: http://sankei.com/images/news/150313/wst1503130032-p1.jpg
 (土佐藩士吉田東洋の肖像写真(東京大学史料編纂所提供)) 関連
吉田東洋写真はジョン万撮影
http://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/8015963021.html

1月のクレジットカード業、取扱高6.2%増 38カ月連続

経済産業省が11日発表した1月の特定サービス産業動態統計速報によると、
クレジットカード業の取扱高は会員数増加や販促効果などで前年同月比6.2%増え、38カ月連続で増加した。
エンジニアリング業は海外向けに化学プラントなどが伸び44.8%増と、6カ月ぶりにプラスに転じた。インターネット付随サービス業の売上高は18.5%増え、11カ月連続で増加した。
スマートフォン(スマホ)向けのゲームなどコンテンツ配信で課金収入などが伸びた。一方、対個人サービス業(売上高)は「遊園地・テーマパーク」が9.4%増と7カ月連続で増えた。
「外国語会話教室」は4.9%増と、8カ月連続で前年同月を上回った。1月統計分から調査対象業種を見直し、従来の29業種から19業種に絞り込んだ。
「映画館」や「出版業」など10業種の調査を終了した。
業種変更は2008年7月以来。

50年前の京都の街並みと今の京都の比較が酷すぎると話題

川端康成が50年前古き良き京都の街並みが失われる前に
ホテルオークラから見えるこの景色を描き残してくれと頼んで描かせたのがこれ
http://www.d3b.jp/wordpress/wp-content/uploads/2014/12/toshikuru02.png それから半世紀後の街並み
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/50/46/8adb0f87315493d9f067dc21ecbed0c5.jpg

JR長野駅ビルが全面オープン

1週間後に迫った北陸新幹線の金沢までの開業に合わせて改装が進められてきたJR長野駅の駅ビルが全面的に開業し、午前中から大勢の人でにぎわっています。 JR長野駅の駅ビル、「MIDORI長野」は今月14日の北陸新幹線の開業に合わせて去年11月、一部のフロアが先行してオープンし7日、全面的に開業しました。
開業に先立って行われた式典では駅ビルを運営する会社の南沢千春社長が「地域の活性化につながるように多くの人に利用してほしい」とあいさつし関係者がテープカットをして開業を祝いました。 入り口の前には開店の午前10時前から多くの人が列をつくっていて開店と同時に次々と入店しました。
MIDORI長野には7日、新たに開業した67の店舗を含めて112の店舗がオープンしました。
駅ビルの中ではおやきや日本酒などを購入できる店舗や県産のそばを食べることができる飲食店など、長野県の特産品を楽しめる店舗が多数、軒を連ねています。 長野市の50代の主婦は「これまで県外に行くときにお土産を買う場所に困っていましたが、新しい駅ビルは県内各地から多くの名産品が集まっているので便利になりそうです」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1014782531.html?t=1425787624910

大都市部のマンションにも「限界集落化」の波

旭化成不動産レジデンス(東京都新宿区、渡辺衛男社長、)の「マンション建替え研究所」がまとめた
調査報告書によると、建て替え前の高経年マンションの「空き家率」は24%にのぼり、区分所有者の年齢は
60歳以上が7割を占めることがわかった。 調査報告では「"限界集落化"と呼ばれる現象が大都市部の高経年マンションでも発生している」と指摘している。
 調査は同社が参画して2004年―13年に解体して建て替えた東京都内と横浜市内のマンション6棟を対象に、
社内資料を分析してまとめた。区分所有者の平均年齢の分布は「39歳以下」が5.7%にとどまる一方、「60歳以上」は70.7%にのぼった。
 空き家率は、24.0%で全国の平均空き家率の13.5%と比較して高い数値となった。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0920150310ceal.html

足利の古民家ゲストハウス「松香庵」、16日から宿泊客受け入れ

足利学校近くにある国登録有形文化財の木造建築「松村記念館」(足利市大門通)の離れを使った、素泊まりの宿泊施設
「ゲストハウス松香庵(しょうこうあん)」が十六日から、宿泊客を受け入れる。「暮らせるように泊まれる宿」を目指し、六十八歳の
夫婦が切り盛りする。 (稲垣太郎)この夫婦は、松村記念館館主の松村和久さんと妻のトク子さん。二人は明治期に建てられた離れの有効活用法を検討してきた。離れは、これまでギャラリーとして貸していたが、昨年末に賃貸借契約が終了。松村さんは、外国人旅行者向けに京都や鎌倉など
で増えている古民家を活用したゲストハウスを訪れて勉強しており、トク子さんと宿泊施設を運営することにした。記念館の庭にある
赤松などにちなんで、松香庵と名付けた。内部を山小屋風に改装した木造平屋(約五十平方メートル)に、二段ベッド二つとソファベッド一つを入れた相部屋タイプの定員五人制。シャワーや簡易キッチン、冷蔵庫、電子レンジなどを備え、宿泊客が自炊しながら長期滞在できるようにした。風呂に入りたい人には
近くの銭湯を紹介するという。宿泊料は一人一泊二千七百円程度で検討している。近所には本堂が国宝に指定された鑁阿寺(ばんなじ)もあり、周囲は歴史ある足利でも屈指の観光地。外国人旅行者や市内の山歩き
に訪れるハイキング客の姿も見られる。松村さんは「観光や仕事で足利を訪れる人たちに安心して素泊まりできる宿を夫婦で提供していきたい。外国人も留学生や日本人同伴
ならありがたい」と話している。
ソース http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150309/CK2015030902000191.html
写真=松香庵の前に立つ松村さん夫妻=足利市で
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/20150309/images/PK2015030902100082_size0.jpg

フォトサンプル
ページのトップへ戻る