トップ  »  経済  »  大手格付け会社 日本国債を格下げ

大手格付け会社 日本国債を格下げ

大手格付け会社の「フィッチ・レーティングス」は27日、財政健全化に向けた十分な措置が取られていないなどとして、日本国債の信用度を示す格付けを上から6番目の「A」に1段階引き下げたことを発表しました。
発表によりますと、「フィッチ・レーティングス」は日本国債の信用度を示す格付けを上から5番目の「A+」から6番目の「A」に1段階引き下げました。
会社側は理由について、政府が消費税率の10%への引き上げを延期する一方で、
法人税の段階的な引き下げを決めたことなどから、財政健全化に向けた取り組みに不透明さが高まったためなどとしています。
フィッチが日本国債の格付けを引き下げたのは平成24年5月以来で、今後の格付けの見通しは、「安定的」だとしています。日本国債の格付けを巡っては、大手格付け会社の「ムーディーズ」も去年12月、
それまでの格付けを1段階引き下げ上から5番目の「A1」にすると発表しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150427/k10010062801000.html

日経平均2万円でも日本株は割安、長期国債は割高

2016年3月期の業績予想がほぼ出揃った。会社が予想する利益を前提として計算した、東証一部上場株式の平均PER(株価収益率)は17倍だ。日本株は、かつて平均PERで20~25倍まで買われていた。PER17倍に低下した今、日本株は割安と見られている。http://japan.zdnet.com/article/35064674/?ref=rss

負債711億円、江守グループHDが民事再生手続き

福井市に本社を置く東証1部上場の商社、江守ホールディングスが、負債711億円を抱えて民事再生法の手続きに入りました。民事再生法の手続きに入った福井市の江守グループホールディングスは、1906年に創業した化学品や合成樹脂、電子材料の事業を展開する老舗商社です。スマートフォン関連が好調だった中国市場が悪化したことに伴い、債務超過に陥り、法的整理による再建の道を選びました。負債総額は711億円に上っていて、上場企業のなかではスカイマークを超える今年最も多い額となっています。江守グループホールディングスでは、金沢などに支店を置く江守商事をはじめとした事業所は、今回の民事再生法の対象ではないとしています。http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2482048.html

SIMロック解除を義務化

携帯電話のSIMカードですが、総務省は、1日から発売される携帯電話端末について、利用者が希望すれば、SIMロックの解除に応じるよう携帯会社に義務付けました。このSIMロックですが、例えばA社の携帯を購入した場合、B社の回線は使えないよう設定されているものです。 それを今後はロックを解除することで、利用者が格安の回線など様々な回線を選択できるようになります。http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000049578.html

"一生派遣という人が増える"野党が反発 期限撤廃、派遣法改正案審議入り

維新の党の井坂信彦氏も"望まない派遣労働者の雇用枠が増える"との懸念を示した。共産党の堀内照文氏は派遣会社による直接雇用の依頼について、"圧倒的に力の強い派遣先企業が断れば正社員の道は断たれる"と疑問視。首相は"派遣先にも、派遣労働者への正社員募集の情報提供を義務付けた"などと強調した。

キーワード

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php