トップ  »  経済  »  FX 外国為替証拠金取引

FX 外国為替証拠金取引

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%82%BA%E6%9B%BF%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E9%87%91%E5%8F%96%E5%BC%95

FXの事についていろいろ調べているとやはりwikipediaが1番わかりやすかったので引用させていただきました。皆さんもうお分かりだと思いますが一応復習の意味もこめてFXの事についてまとめてみたいと思います。

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来している。海外ではForex (Foreign exchange) と呼ばれることが多い。また、日本では、投資商品としては、外国為替証拠金取引と差金決済取引 (CFD) は区分されているが、実際は、外国為替証拠金取引は差金決済取引 (CFD) の一種でもある。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事などが取扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品取引員、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う外国為替証拠金取引業者もある。取引の仕方によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。市場の動向を24時間常に監視しておく必要がある。これに対しては人工知能 (AI) に基づき市場動向により相場の変化に際して売り買いする機能を持った個人向けアプリケーションソフトが開発されており、それらの援用により個人投資家でも場合によっては高い収益を上げることが可能になっているが、最終的な責任は個人に掛かってくる。

『1億円の儲け方』日経マネー 2015年7月号 690円(税込)

http://cmt5t.nikkei.co.jp/?4_35762_119876_1

個人投資家9400人調査で分かった「1億円の儲け方」を大公開! さらに、2年連続の勝ち組と残念組を分析した結果、勝ち組は3分の1がリスク資産の積み立てを継続し、残念組は投資の勉強を「ほとんどしない」ことが明らかに

このページの先頭へ

外国為替証拠金取引の例

1ドル=120円、レバレッジ20倍で取引する場合、60万円(5000ドル相当の円)を証拠金として預託すると、5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%になる。1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になったとする。このときの収支は、

1ドルあたり 115円-120円=-5円 であるので、10万ドルでは50万円の損失である。また、証拠金は 1ドル=120円のときに、5000ドルであるので60万円である。初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの 1/6となる。

上記と逆に、円安となって 1ドル=125円になった場合は、50万円の利益となる。つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

実際の取引においては、その相場の状況において根拠あるポイントで損切りを行い、1回あたりの取引における損失額を限定する必要がある(損切り時における一般的な損失額は1~3%、最大でも5%以内と言われている=上記例の場合、60万円×5%=3万円が上限となり、損切りまで5円の値幅を見込んだ場合6,000ドルまでしか取引することができない。60万円の資金に対して一度の取引で50万円を失う可能性のある取引はオーバートレードとなり、すべきではないことに注意する必要がある)。

このページの先頭へ

FX特徴

外国為替証拠金取引には、外貨預金・外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較して、以下の特徴がある。 多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、預託した資金は、あくまで証拠金という取引の担保の為、取引で損失を出しても、日本円 (JPY) から決済通貨に交換の上、損失相当額を支払うだけである為(利益の場合、利益相当額の決済通貨を受け取る)、「米ドル (USD) を売ってユーロ (EUR) を買う」といった取引も可能である。

このページの先頭へ

トップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチについて

http://markethack.net/archives/51967808.html

投資のスタイルにはトップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチがあります。

トップダウン・アプローチとは、マクロ経済に代表される全体的な視点から、市場の次の動きを予想するやり方です。言い換えれば「ストラテジストの視点」です。

代表的なトップダウン・アプローチの投資家にはジョージ・ソロスが居ます。春山昇華さんのアプローチもトップダウンです。

FXや債券をトレードする場合、トップダウンの視点が不可欠です。だから僕がインヴァスト証券のセミナーで喋っていることは、すべてトップダウンの話です。

トップダウン・アプローチで重要になることは、ざっくりとした資産配分で間違えないように気を付けるということです。

そこで重要な判断材料となるのは金利です。続いて為替、マネーサプライ、企業収益の総和、PEマルチプルが拡大しているか縮小しているか、GDPなども常に議論の対象となります。

このページの先頭へ

1ドル123円を更新!1日で2円も急激に円安方向へ!再び値上げラッシュの恐れ

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6622.html

5月26日昼ごろに1ドル122円を更新したドル円ですが、同日夜に今度は1ドル123円を突破しました。26日は朝からドル買い、円売りが継続しており、僅か1日で2円も円安方向に動いています。アメリカの指標が良好だった事がドル買いに拍車を掛け、今も円売りの流れが継続中です。

2015年に入ってから数ヶ月に渡って、1ドル115円~120円の間をウロウロしていましたが、今回の暴騰でそれのラインも全て突き抜けました。123円になるのは2008年のリーマン・ショック前以来で、実に7年11ヶ月ぶりです。円安が加速したことから、数ヶ月後には輸入関連の製品が一斉に再値上げを実施すると予想されています。

1ドル123円を更新!1日で2円も急激に円安方向へ

このページの先頭へ

金融庁がカブドットコム証券に業務改善命令「障害管理、極めて不適切」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/052601747/

金融庁は2015年5月26日、インターネット証券のカブドットコム証券に業務改善命令を出した。カブドットコム証券に対して6月25日までに、システムリスク管理態勢の原因分析や、経営管理態勢の見直しについて書面で報告することを求めた。同社は業務改善命令を受けて、「システムリスク管理を含む一層の内部管理態勢の強化・拡充に努める」としている。

このページの先頭へ

金融庁がカブドットコム証券に業務改善命令「障害管理、極めて不適切」

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1505/052700641/

金融庁は2015年5月26日、インターネット証券のカブドットコム証券に業務改善命令を出した。カブドットコム証券に対して6月25日までに、システムリスク管理態勢の原因分析や、経営管理態勢の見直しについて書面で報告することを求めた。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php