トップ  »  国際  »  「イスラム国」首都・ダマスカス南部のパレスチナ難民キャンプの90%制圧

「イスラム国」首都・ダマスカス南部のパレスチナ難民キャンプの90%制圧

シリアの首都ダマスカス南部ヤルムーク地区にあるパレスチナ難民キャンプ周辺で4日、過激派組織「イスラム国」(IS) の攻撃が続き、キャンプの約90%を制圧した。シリア人権監視団(英国)が発表した。同組織の新たな拠点となれば、首都の大部分を 掌握するアサド政権にとって脅威となる可能性がある。同組織は関係を断絶したはずの国際テロ組織アルカイダ系の過激派「ヌスラ戦線」と連携しているといい、今月に入りキャンプ付近で パレスチナ系のシリア反体制武装勢力との激しい戦闘を繰り返している。イスラム国が進撃を続け、内戦の構図がさらに複雑化すれば混乱の拡大は必至。2011年にシリア反体制運動が本格化する前、ヤルムークにはパレスチナ難民ら16万人以上が住んでいたが、反体制武装勢力が流入し、 政権側部隊との戦闘が激化、人口は約1万8千人にまで減った。
政権側部隊は反体制武装勢力をあぶり出すため、ヤルムークを包囲し、食料や医薬品が不足、人道危機が深刻化していた。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM04H8C_U5A400C1FF8000/

アルカイダ系武装集団、イエメン南部の軍基地を制圧 AQAPは「フーシ」にジハード呼び掛け

フランス公共ラジオによると、イスラム過激派組織「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」の武装集団が3日、 イエメン南部ムカラの軍基地を制圧した。
AQAPは現地の刑務所を襲撃し、約300人の受刑者を脱走させたばかりで、ムカラで 急速に勢力を拡大している。イエメンでは、事実上のクーデターで政権掌握を宣言したイスラム教シーア派系の武装組織「フーシ」に対し、ハディ暫定大統領 を支持するサウジアラビアが空爆を開始。AQAPはシーア派へのジハード(聖戦)を呼び掛けており、混迷の度合いが増してきた。イエメンの医療当局者は4日、同国南部アデンでの3月26日以降のフーシ民兵によるハディ氏派への攻撃で、少なくとも185人が 死亡、1200人以上が負傷したと述べた。4分の3は一般市民で、サウジの空爆などによるフーシ側死傷者は含まれないという。一方、サウジ内務省によると、同国南部とイエメン北部の国境地帯で3日、国境線をまたぐ銃撃戦があり、サウジ国境警備隊の 2人が死亡した。
1日にも同様の銃撃戦で警備隊の1人が死亡している。国境沿いにはサウジ軍の地上部隊が配備されており、 地上戦突入への緊張が高まりそうだ。

キーワード

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php