トップ  »  国際  »  イスラム過激派"イラク・シリア・イスラム国(IS)"関連のニュースは日々進化と変化

イスラム過激派"イラク・シリア・イスラム国(IS)"関連のニュースは日々進化と変化

http://www.cnn.co.jp/world/35064916.html?ref=rss

イラク西部アンバル州の州都ラマディを制圧したイスラム過激派"イラク・シリア・イスラム国(ISIS)"は22日、さらに東に攻勢を強め、フサイバを掌握した。イラクの治安当局者が明らかにした。 フサイバはラマディの東17キロの地点にある小都市。自動車爆弾や機関銃掃射による攻撃でISISが占拠した。

ダーイッシュ(自称イスラム国) 野望の行方1 潜入取材編

イラクとシリアが崩壊の危機に!イスラム国(ISIS)の侵攻が止まらず、シリアの5割を掌握!イラクの州都ラマディも制圧!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6595.html

中東でイスラム国(ISIS)の進撃が止まりません。イラクでは長く激しい戦闘の末に、西部アンバル州の州都ラマディがイスラム国に掌握されます。

西の重要拠点を制圧したイスラム国はそのまま東に進行し、フサイバも占領しました。フサイバはラマディの東17キロの地点にある小都市で、更にイスラム国は、ラマディ東郊のカリディヤに向かって移動を開始しています。

イラクとシリアが崩壊の危機に!イスラム国

イラクだけではなく、シリアもイスラム国に相次いで敗北中で、シリア中部の古代遺跡都市パルミラが完全に占領されました。パルミラには世界遺産に登録されている遺跡がある上に、パルミラを遺跡を制圧したことで、イスラム国はシリア全土の半分と大半の油田を掌握したことになります。

最後のシリア・イラク国境検問所もイスラム国に掌握され、 これでシリアは首都のダマスカスもイスラム国に攻撃範囲に入りました。

このページの先頭へ

世界遺産パルミラ遺跡に迫るISの脅威

http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1505/052000378/

「イスラム国(IS)」が、シリアの世界遺産パルミラ遺跡のすぐそばまで迫っている。2000年前に栄えた王国は、すでに破壊された遺跡ニムルドやニネベと同じ運命をたどるのか。

このページの先頭へ

イスラム国17人殺害"少なくとも4人は斬首"

http://www.nikkansports.com/general/news/1480424.html

シリア人権監視団(英国)は21日、過激派組織「イスラム国」がシリア中部パルミラで市民ら少なくとも17人を殺害したとみられることを明らかにした。市街地の南西にある世界遺産の状況は不明。

このページの先頭へ

シリコンバレー発 アルジャジーラのアプリが面白い(竹下隆一郎)

http://www.huffingtonpost.jp/asahi-shimbun-media-lab/al-jazeera_b_7303218.html?utm_hp_ref=japan&ir=Japan

記者が一生懸命書いた記事は、どんどん捨てられ、次々と忘れられる。取材をする側は少しでも新しい情報を、他メディアに載っていない独自の記事を、と毎日毎日書いていく。まるで記事に追いかけられるように、ニュース自体もめまぐるしく変化し、読者はついていくのが精いっぱいだ。

たとえば、今年に入って、紙面を埋め尽くしている話題といえば、過激派組織「イスラム国」(IS)だろう。日本人の人質殺害、ヨルダン軍パイロット殺害、米国よる強襲作戦へと次々と事態が展開中だ。そもそもなぜ、イスラム問題が過熱しているのか、イスラム国とは何なのか、分かりにくいまま。考える暇もない。

このページの先頭へ

ダーイシュ(イスラム国)の"生みの親"は、ブッシュ前大統領なのか?

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/21/jeb-bush-isis_n_7418502.html?utm_hp_ref=japan&ir=Japan

過激派組織ダーイシュ(イスラム国)台頭の原因をめぐり、共和党の大統領候補ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事と、兄でイラク戦争を主導したジョージ・W・ブッシュ前大統領が批判にさらされている。

オバマ大統領の外交政策を「弱腰」と批判するジェブ・ブッシュ氏が、「兄のジョージ・W・ブッシュ前大統領のせいでイラクは混乱し、ダーイシュが生まれたのだ」と返り討ちに遭っている。当のジョージ・W・ブッシュ前大統領は批判に対して直接的に反論していない。

「あなたの兄がダーイシュを生み出したんだ」 ニューヨーク・タイムズによると、激しい言葉の応酬が交わされたという。ズィードリッヒさんはブッシュ氏を「国粋主義的なレトリックを並べ立て、私たちをさらなる戦争に巻き込もうとしている」と非難し、ブッシュ前大統領の下、アメリカは中東で何年もの間「無意味な戦争を行い、アメリカ例外主義の理念の下に若いアメリカ人たちを死なせたのだ」と指摘した。

2010年、バクル氏とイラクの元情報部員数人のグループが、後に「カリフ」となるアブバクル・バグダディ容疑者をダーイシュの正式なリーダーにした。彼らはその理由として、教養のある聖職者でもあるバグダディ師が、グループに宗教的な裏付けをもたらすと述べた。

イラクのジャーナリスト、ヒシャム・ハシミ氏は「バクル氏は国粋主義者でした。イスラム主義者ではなかった」と述べている。元キャリア官僚だったバクル氏は、従兄弟と共にバグダッド郊外のハバニヤ空軍基地に駐留していた。ハシミ氏は、バクル氏のことを「サミール大佐」と呼ぶ。「彼はとても知性的で、優秀な軍事戦略家でした」。しかし、当時の連合暫定統治局の責任者だったポール・ブレマー氏が2003年5月に軍解体の命令を下し、彼は不本意ながら解雇されたという。

スンニ派将校エリートの大多数が、サインひとつで生活の糧を奪われた。そうした中で、アメリカは最も敵意に満ち、優れた知性を持った敵を生み出した。バクル氏は地下活動に入り、イラク西部のアンバル県でアブ・ムサブ・ザルカウィ容疑者と出会った。ヨルダン生まれのザルカウィ容疑者は、アフガニスタンで国際テロリストを養成する訓練キャンプを運営していた。2003年から、国連、アメリカ軍、シーア派のムスリムを攻撃するテロリストグループの指導者として世界的に悪名を轟かせることになった。彼は元アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者からみても、急進的な人物だった。ザルカウィ容疑者は2006年、アメリカ軍の空爆で死亡している。

ジェブ・ブッシュ氏は、彼の兄が主導したイラク戦争など、物議を醸した外交政策と自分の政策の違いがあることを示そうと苦慮していた。5月11日、もし現状が分かっていたらジョージ・W・ブッシュ前大統領は戦争の遂行を認めたかという質問について、「そうしただろう」と答えた。彼は後に「質問を聞き違えた」と述べ、発言を撤回して明確な回答を避け、「間違いがあった」と発言した。13日の集会では、戦争についての話は「あくまで仮の話」と前置きし、それ以上の回答を避け、「たくさんの犠牲をはらった多くの人々に対するひどい仕打ちだ」と述べた。

このページの先頭へ

世界遺産パルミラ、破壊の危機 イスラム国に制圧される

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/20/palmyra_n_7347730.html?utm_hp_ref=japan&ir=Japan

現地国営テレビの報道によると、過激派組織「イスラム国」は20日、シリア中部の古代都市パルミラを制圧した。政府軍はすでに撤退した。神殿群などからなるパルミラ遺跡は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から世界遺産に認定されている。

イスラム国はこれまでにもイラクなどで遺跡の破壊行為を繰り返しており、国営テレビによると、イスラム国の戦闘員はすでにパルミラ遺跡に侵入しようとしているという。

遺跡担当のシリア当局者は、ロイターに対して、塑像などはすでに安全な場所に移していると述べた。ただし「懸念されるのは、動かすことのできない博物館や大規模な遺物だ」とし、遺跡の保全を訴えた。

このページの先頭へ

東京ラーメン体験記

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/19/tokyo-ramen_n_7339202.html?utm_hp_ref=japan&ir=Japan

最近、日本のテレビのワイドショーやバラエティー番組で、ラーメンがアメリカをはじめとする外国で人気になっていることがよく紹介されています。ラーメン店の数も相当増えているので、「本場」の日本にラーメンを食べに来る人がいるのも不思議ではないでしょう。アメリカのテレビジャーナリストが、自分の体験をハフポストUS版のブログに掲載しています。

225

このページの先頭へ

ダーイシュ(イスラム国)のラマディ制圧は、アメリカ主導の有志連合軍に大打撃となった

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/20/isis-ramadi-falls_n_7339544.html?utm_hp_ref=japan&ir=Japan

ダーイシュ(イスラム国)は5月17日、イラク西部アンバル州の州都ラマディを制圧し、政府軍は基地から撤退した。3日間に及んだ戦闘で500人近くが死亡し、国連は約2万5000人の住民が避難したと発表した。

ラマディの陥落は、政府軍とアメリカ主導の有志連合軍の軍事作戦に大きな打撃を与えた。有志連合軍の空爆とイラク軍の地上戦でダーイシュは劣勢に立たされているというアメリカ政府の主張には疑問がある。

有志連合軍が空爆で支援したにもかかわらず、イラク軍はダーイシュを撃退できなかっただけではなく、州都ラマディと、シリアとイラクを結ぶ幹線道路を失った。

イラク軍の防衛ラインだったラマディが陥落し、ダーイシュをアンバル州から追い出すと4月に宣言したハイダル・アバディ首相の目論見が白紙に戻ったことになる。これは、ダーイシュとの戦闘にイラク軍を中心に据えて立て直そうするするアメリカ政府の動きにも疑問が出ている。2015年後半には、ダーイシュに支配されている都市モスルにイラク軍が大規模攻撃を仕掛ける予定だが、本当に奪還できるのかは不透明だ。

225

アメリカ政府はこれまでのところ、ラマディ陥落について深刻に捉えていない。ラマディの陥落は「後退」と認める一方で、18日、イラク軍によるラマディの奪還を支援すると明言した。

このページの先頭へ

ラマディ奪還作戦開始 - 対"イスラム国"でイラク

フランス公共ラジオによると、過激派組織「イスラム国」に制圧されたイラク中西部アンバル州の州都ラマディ奪還に向け、イラク治安部隊やイスラム教シーア派民兵組織が23日、作戦を開始した。

このページの先頭へ

IS、最後のシリア・イラク国境検問所を掌握 "カリフ国"支配拡大

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は21日、シリア政府の統治下にあった最後の対イラク国境検問所を制圧した。

このページの先頭へ

IS、古代都市パルミラを完全制圧

英国に拠点を置く非政府組織シリア人権監視団によると、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は21日、シリア中部の古代都市パルミラを完全に制圧した。

このページの先頭へ

IS、古代都市パルミラを完全制圧 シリア領土の半分支配下に

英国に拠点を置く非政府組織シリア人権監視団によると、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は21日、シリア中部の古代都市パルミラを完全に制圧した。

このページの先頭へ

IS、シリア中部の古代都市パルミラの大部分を制圧

英国に拠点を置く「シリア人権監視団」は20日、過激派組織「イスラム国」がシリア中部・パルミラの大部分を制圧したと発表。パルミラは南西部に世界遺産の「パルミラ遺跡」があり、「イスラム国」による破壊が懸念される。

このページの先頭へ

IS参加試みの疑い、カナダで若者10人拘束

カナダ連邦警察は20日、モントリオールの国際空港で先週末にイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」へ合流するために出国しようとしたとみられる若者10人の身柄を拘束し、旅券(パスポート)を押収したと発表した。

このページの先頭へ

"イスラム国"パルミラ民400人超殺害か

http://www.news24.jp/articles/2015/05/25/10275769.html

シリア国営テレビは24日、過激派組織「イスラム国」が、制圧した同国中部パルミラでこれまでに女性や子どもを含む少なくとも400人を殺害したと伝えた。住民の話としている。

このページの先頭へ

自爆テロで21人死亡"イスラム国"関与か

http://www.news24.jp/articles/2015/05/23/10275683.html

中東サウジアラビアのモスクで22日、自爆テロがあり、21人が死亡した。当時、モスクの中には約150人が集まっていたという。シーア派を敵視する「イスラム国」が犯行声明を出し、250人を死傷させたと主張しているということだが、信ぴょう性は不明。

このページの先頭へ

"制圧後のパルミラ"新映像が公開される

http://www.news24.jp/articles/2015/05/22/10275621.html

過激派組織「イスラム国」は21日、シリア中部のパルミラ市内を制圧後に撮影したとする映像を公開した。建物の屋上には「イスラム国」の黒い旗が掲げられている他、兵士たちが壁に貼られたシリアのアサド大統領のポスターをはがす様子が映されている。

このページの先頭へ

米大統領"負けているとは思っていない"

http://www.news24.jp/articles/2015/05/22/10275590.html

米・オバマ大統領は19日、米雑誌のインタビューで、イラクなどで過激派組織「イスラム国」が攻勢を強めていることについて「米国が訓練したイラク軍がいなかったため」とした上で、現在の戦況について「我々が負けているとは思っていない」と述べた。

このページの先頭へ

ユネスコ事務局長"イスラム国"侵入に懸念

http://www.news24.jp/articles/2015/05/22/10275583.html

ユネスコ(国連教育科学文化機関)のボコバ事務局長は21日、滞在先の韓国でインタビューに応じ、シリア・パルミラ遺跡に過激派組織「イスラム国」が侵入したことに懸念を示す。ボコバ事務局長は遺跡を破壊しないよう呼びかけるとともに、即時停戦を求めた。

このページの先頭へ

政府の対応、"誤りあったとは言えない"

http://www.news24.jp/articles/2015/05/21/04275566.html

過激派組織「イスラム国」(IS)による邦人人質事件で、一連の対応を検証してきた政府の委員会が21日、報告書を公表した。外部の有識者の意見をもとに、「政府の判断や措置に人質救出の可能性を損ねるような誤りがあったとは言えない」と結論づけた。その上で、政府が取り組む課題として情報収集体制の強化や、危険な地域への渡航抑制などを掲げた。

過激派組織「イスラム国」による日本人殺害事件をめぐり、政府の検証委員会は21日、報告書をまとめた。政府の対応について、「人質救出の可能性を損ねるような誤りがあったとは言えない」としている。

「政府の判断や措置に人質救出の可能性を損ねるような誤りがあったとは言えない」と結論づけた。

パルミラ制圧"イスラム国"遺跡破壊の懸念

http://www.news24.jp/articles/2015/05/21/10275563.html

英国に拠点を置く「シリア人権監視団」は21日、過激派組織「イスラム国」がシリア中部・パルミラを完全に制圧したと明かした。南西部には世界遺産・パルミラ遺跡があり、「イスラム国」は遺跡群がある地区にも入ったということで、破壊される懸念が深まる。

このページの先頭へ

検証委"イスラム国"人質殺害で最終報告書

http://www.news24.jp/articles/2015/05/21/04275546.html

過激派組織「イスラム国」による日本人殺害事件を巡り、政府の検証委は21日、日本政府の対応について在外公館などの情報収集能力の不足など課題を指摘する一方で、「人質救出の可能性を損なう誤りはあったとは言えない」とする最終報告書をとりまとめた。

このページの先頭へ

破壊の危機に...ユネスコが即時停戦呼びかけ

http://www.news24.jp/articles/2015/05/21/10275522.html

過激派組織「イスラム国」が20日、世界遺産「パルミラ遺跡」があるシリア中部・パルミラのほぼ全域を制圧したことを受け、ユネスコは声明を発表。「中東における最も重要な遺跡の一つが危機にひんしている」として、「即時停戦」を呼びかけ。

このページの先頭へ

"イスラム国"シリアのパルミラ大部分制圧

http://www.news24.jp/articles/2015/05/21/10275516.html

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」は20日、世界遺産であるシリア中部の古代都市パルミラの大部分を制圧した。

このページの先頭へ

ラマディ制圧の"イスラム国"対応協議 米

http://www.news24.jp/articles/2015/05/20/10275450.html

米・オバマ大統領は19日、イラク西部の主要都市ラマディが過激派組織「イスラム国」に制圧されたことを受けて、ホワイトハウスに国家安全保障会議のメンバーを集め、対応を協議。ラマディ奪還に向け、イラク政府と協力し反転攻勢を目指す姿勢を強調した。

このページの先頭へ

ISIS、アルカイダ系のソマリア過激派に合流促す

http://www.cnn.co.jp/world/35064936.html?ref=rss

イスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」は24日までに、アフリカ東部ソマリアに拠点を置くアルカイダ系の過激派「シャバブ」と同国国民に対しISISに合流し、欧米との対決に加わることを求めるビデオを公表した。 シャバブは2012年、アルカイダへの忠誠を宣言していた。ISISがシャバブに対しアルカイダからの離反を直接呼び掛けたのは初めて。

このページの先頭へ

サウジのモスクで自爆テロ、21人死亡

http://www.cnn.co.jp/world/35064920.html?ref=rss

サウジアラビアの国営サウジ通信(SPA)は22日、東部州カティーフの村落にあるイスラム教シーア派のモスク(イスラム教礼拝所)が同日、自爆テロの攻撃を受け、宗徒21人が死亡したと伝えた。負傷者の数は伝えられていない。 イスラム教スンニ派の過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行を認めた。この主張の真偽は不明だが、事実なら同組織がサウジ内でテロ攻撃を仕掛けたのは異例。

このページの先頭へ

ISIS、イラク首都へ向けさらに攻勢 シリアでも支配拡大

http://www.cnn.co.jp/world/35064916.html?ref=rss

イラク西部アンバル州の州都ラマディを制圧したイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」は22日、さらに東に攻勢を強め、フサイバを掌握した。イラクの治安当局者が明らかにした。 フサイバはラマディの東17キロの地点にある小都市。自動車爆弾や機関銃掃射による攻撃でISISが占拠した。目撃者の話によると、政府軍や警察で働いているとみなされた人々がその場で処刑された。

このページの先頭へ

ISIS、活動資金激減か 原油価格低迷や空爆が影響

http://www.cnn.co.jp/business/35064854.html?ref=rss

イスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の活動資金が原油価格の低迷や米軍などによる石油関連施設への空爆などの効果で先細りになっている実態が21日までにわかった。 危機管理コンサルティング企業「ベリスク・メープルクロフト」が報告したもので、同組織が得る原油売却での収入は現在1日当たり約50万米ドル(約6050万円)に激減したと推定している。昨年夏には最大約160万ドルだった。

このページの先頭へ

ISIS、世界遺産パルミラ近くの町に侵攻 遺跡破壊の懸念

http://www.cnn.co.jp/world/35064822.html?ref=rss

イスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」は20日、シリア中部の都市タドムルに侵攻した。英ロンドンに拠点を置く非政府組織(NGO)「シリア人権監視団」が明らかにした。 タドムルは国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に指定されたパルミラの遺跡のすぐ近くにある。 シリア人権監視団によれば、タドムルをめぐってはシリア政府軍とISISの戦闘が1週間ほど続いていた。

このページの先頭へ

イラク政府、ラマディ奪還へシーア派民兵組織を動員

http://www.cnn.co.jp/world/35064691.html?ref=rss

イラク西部アンバル州の州都ラマディをイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に制圧されたことを受け、イラク政府は18日、ISISの進攻を食い止めるため、イスラム教シーア派民兵組織を動員するなどの対応に追われた。 ラマディは首都バグダッドから110キロ西部にある要衝。同市の東部にはISISの進攻に備え、イスラム教スンニ派の部族や連邦警察など政府の即応部隊が防衛線を設置した。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php