トップ » お問合せ » メールマガジンとは

メールマガジンとは|We-Are-The-World ネットニュース

メールマガジンでは、双方向の配信システムを使用するメーリングリストとは異なり、購読者同士で情報交換ができないプッシュメディア方式の配信システムを使用することが一般的である。

英語でいう「Email Newsletter」「News Letter」「ezine」などは、特定の法人・個人が自社・自分の購読者へ配信するものだけを指す。 つまり文字通りLetter(読者への手紙)なので、三行広告など、他社・他人の広告宣伝媒体的な機能は含まない。

初期は企業か一部の個人が発行しているものが大半であったが、一般化するにつれて政治家や政党、行政府、自治体、NGOなどでもメールマガジンを発行するようになった。

メールマガジンを発行する場合、内容以外にも受信者の好みや環境の違いに配慮するなど、購読者の満足度向上に工夫が必要となる。配慮すべき項目としては、一回のデータ量、配信頻度、形式(HTMLかテキストか)、配信停止の仕組みなどがある。

また、各種サービス等の提供事業者が、加入者に対して送付する広告メールを「メールマガジン」と称している場合もある。中には、メールアドレスの記入を必須事項とするなどしてアドレスを収集し、アドレスの記入を以って「メール送付を許可された」と拡大解釈して必要以上の頻度でメール送付を続けるといったスパム紛いの行為を行う事業者もある。途中で説明も無く配信が途絶え、事実上廃刊するものもある。配信代行業者のサービス(メールマガジンスタンド)を利用することで個人でのメールマガジン配信が可能となる。

メールマガジン wikipedia

メールマガジンの問題点と課題

「マグゾウ」という、読者の増加だけを企んだ偽アドレス業者により、2000年代前半から、存在しないメールアドレスが大量に登録され、部数広告の料金を不当に上げる行為が横行し、広告料金自体が、一部1円から0.001円に下がるなど、無料メルマガのビジネスは崩壊した。 また、著作権侵害やパクリ行為が横行し、メルマガの質自体が低下した。前記に付いては、有料メルマガも同様の問題があり、著作権侵害やパクリ行為が横行している。 有料メルマガに付いては、タレントなどの有名人メルマガが有名だが、前記に述べた著作権やバクリ行為、また広告で儲けているタレントが、有料で利益を獲得する行為は、独占禁止法に触れるという問題もある。

メールマガジンの利点

メルマガを発行すればすぐに儲かるというものではありません。定期的に発行し読者の信頼を得て効果が出ます。その意味では即効性はありません。しかしサイトやブログが検索経由などで来るのに対し待ちのツール、メルマガはこちらからアクセスするツールで攻めのツール。主導権は発行者側にあります。やり方次第で、ものすごく儲かる。

まぐまぐメールマガジン代行発行業務

メールマガジン代行発行業務を柱とした、メールマガジン登録や過去のバックナンバー閲覧などのサービス、有料メールマガジンの料金回収代行業務などを行う。設立当時においては競合する事業者が少なかったこともあり、会員を着実に伸ばした。メールマガジン代行発行業務

2008年1月時点でメールマガジン数29,000誌、のべ読者登録数36,760,000人という規模となっている。

有料メールマガジン配信サービスまぐまぐ!プレミアムは、発行マガジン数1,000誌、読者会員120,000人(2008年8月現在)。まぐまぐ

メールマガジン|We-Are-The-World ネットニュース

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

メールマガジン|We-Are-The-World ネットニュースではブログなどで投稿できない激情報をジャンル・カテゴリーを問わずに配信しております。日々のニュースはもちろん、ファッション・フード・副業・アフィリエイト情報・ソフトウェア情報あらゆる情報をまとめて配信。完全無料ですのでたくさんのご登録をお待ちしております。

メールマガジン登録された方に激レア検索用ヒット確率UPのキーワードご紹介無料レポートをダウンロードプレゼントします。

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS