トップ » 最新情報 » 日本の作家 » 川端康成 特集

最新 川端康成 特集

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

川端康成

著者名:川端 康成 著

¥1,409

川端康成

著者名:川端 康成 著

¥950

川端康成

著者名:岩田 光子 著 内容説明:川端康成の文芸評論、非情の美学、「水晶幻想」再論、川端康成と横光利一、などこれまで書きためた論文23本を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

¥7,130

川端康成詳細年譜

著者名:小谷野 敦 編,深澤 晴美 編 内容説明:川端康成の誕生から死後までを1年ごとに分類した年譜。本人の日記・作品や往復書簡などの他、交流のあった人物の日記・回顧録など多方面の記述を統合。詳細な注を付し、川端の交友関係、文壇・社会の様相もわかる。【「TRC MARC」の商品解説】文豪と呼ばれ、国内外において日本を代表する作家である川端は、いまだ全集からもれた文章や、公開されていない資料も多く、その生涯に不明なところが多い。川端の残した作品や公開された日記・書簡をベースに、当時の新聞記事や交友のあった作家らの回顧録などあまたの資料・記録や関係者への取材から、その生活を再現する。【本書の特色】・『川端康成伝』が好評の小谷野敦氏と川端康成学会理事の深澤晴美氏による詳細な年譜。新発掘の資料や事実も多く含む。・川端康成研究における重要な基礎資料であるとともに、その交友関係・活動範囲の広さゆえ、日本近代文学のみならず日本近代史研究においても有益な資料となる。・川端康成の誕生から死後まで、1年ごとに分類してまとめる。また、誕生以前、没後の記述も加え、生涯だけに留まらない年譜とする。・本人の日記・作品や往復書簡などの他、交流のあった人物の日記・回顧録、新聞記事など多方面の記述や関係者への取材を統合することで、生涯を日付付きで整理する。・詳細な注を付し、情報の出典はもちろん、川端の交友関係、文壇・社会の様相も知ることができる。・巻末には川端への言及がある書籍、雑誌、新聞などの情報を整理し、系図・索引も付し、読者の便宜を図った。【商品解説】

¥12,960

川端康成 /川端康成

出版社:新学社、ジャンル3:小説一般、作者・アーティスト:川端康成、本のサイズ:文庫、ISBN:4786800902、発売日:2005/08/01

¥658

川端康成/川端康成

出版社名:新学社著者名:川端康成シリーズ名:新学社近代浪漫派文庫発行年月:2005年08月キーワード:カワバタ ヤスナリ、カワバタ,ヤスナリ、20050801

¥1,409

新品本/川端康成 1899−1972 川端康成/著

■ISBN:978-4-480-42526-3 ■タイトル:新品本/川端康成 1899−1972 川端康成/著 ■フリガナ:カワバタ ヤスナリ センハツピヤクキユウジユウキユウ センキユウヒヤクナナジユウニ チクマ ニホン ブンガク 26 ■著者名:川端康成/著 ■出版社:筑摩書房 ■出版年月:200810

¥950

川端康成スタディーズ

著者名:坂井 セシル 編,坂井 セシル ほか執筆・訳,紅野 謙介 編,十重田 裕一 編,マイケル・ボーダッシュ 編,和田 博文 編 内容説明:20世紀ノーベル賞作家をどのように解釈、あるいは再解釈してゆけるのか。文学・美術・映画、あらゆる分野から分析し、既成の批評神話の超越を目指す。川端康成原作映画事典も収録。【「TRC MARC」の商品解説】20世紀ノーベル賞作家、川端康成をどのように解釈、あるいは再解釈してゆけるのか。文学・美術・映画、あらゆる分野から巨人を分析し、既成の批評神話の超越を目指す。今世紀以降も読み直し、翻訳や考察を続行してゆくために、何をどうしていけばいいのか。パリで開催された「川端康成」の国際シンポジウムをもとに、ヨーロッパ・アメリカ・アジアの執筆者が大集結。近代の文化遺産、KAWABATAを、世界の舞台に再生する。特別寄稿、多和田葉子・四方田犬彦。川端研究史上初、志村三代子による川端原作映画の紹介事典付。執筆は、坂井セシル/多和田葉子/川端香男里/ジャン=ノエル・ロベール/平中悠一/アーロン・ジェロー/スティーブン・ドッド/和田博文/仁平政人/李征/鈴木登美/ジョルジョ・アミトラーノ/田村充正/金井景子/イルメラ・日地谷=キルシュネライト/紅野謙介/十重田裕一/マイケル・ボーダッシュ/四方田犬彦/志村三代子/兪在真/?翠娥/信國奈津子/坂上弘。【一九六八年に日本文学史上初めての文学ノーベル賞を受賞した作家の研究が、没後約45年経った現在、国際的な場で再考察されるのはごく自然なことであろう。この再考察は既成の文学研究の蓄積をふまえながら、批評方法をさらに批評してゆき、新しい視野を開拓してゆく所に目標がある。大きく分けて、作家の同時代的で実験的な創作法、つまりモダニズムと、日本の伝統的な美学や慣習に修飾を求める表現法、つまり伝統主義の両方を、批評的な神話と捉えて、それらを超越してゆく観点を編み出してゆくのが、本書のねらいである】…序文「川端研究の新しい広場を作るために」より【商品解説】

¥3,456

川端康成の方法

著者名:仁平 政人 著 内容説明:小説家・川端康成の小説や評論等の分析を通じて、その文学活動のありようと、同時代の広範な文化的コンテクストにおける位相を検討。川端の活動の中でも、20世紀のモダニズム文学(芸術)の動向との交通に焦点を当てる。【「TRC MARC」の商品解説】

¥3,240

川端康成随筆集

著者名:川端 康成 著,川西 政明 編 内容説明:ノーベル賞講演「美しい日本の私」をはじめ、“あらゆる芸術の極意は、「末期の眼」”と述べた「末期の眼」、日々の素顔を映しだす連作エッセイ「落花流水」、友人への追悼文「横光利一弔辞」など、川端康成(1899‐1972)の珠玉の随筆31篇を収録する。これらは、「伊豆の踊子」「雪国」など川端の小説の背景を知るためには欠かせないものである。【「BOOK」データベースの商品解説】ノーベル賞講演「美しい日本の私」をはじめ、日々の素顔を映しだす連作エッセイ「落花流水」、友人への追悼文「横光利一弔辞」など、川端康成の珠玉の随筆31篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,015

川端康成

TSUTAYA オンラインショッピングなら1500円以上送料無料!Tポイントも使える!貯まる! 新学社 川端康成

¥1,409

川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界 / 「川端康成と東山魁夷響きあう美の世界」製 〔本〕

発売日:2006年09月28日 / ジャンル:アート・エンタメ / フォーマット:本 / 出版社:求龍堂 / 発売国:日本 / ISBN:9784763006431 / アーティストキーワード:「川端康成と東山魁夷響きあう美の世界」製 / タイトルキーワード:カワバタヤスナリトヒガシヤマカイイ内容詳細:文豪と画家、知られざる魂の邂逅。日本の美を追求した芸術家同士の素顔がのぞく往復書簡、発見される。直筆書簡、東山魁夷作品、国宝級の川端康成コレクション、一挙公開。目次:第1章 文豪と画家、魂の交流/ 第2章 東山魁夷—川端康成が見つめた風景画/ 第3章 川端康成—生涯をかけて求めた美の世界/ 川端先生との想い出(柳孝)/ 川端康成と東山魁夷 心の交流(平山三男)/ 二つの歌碑—展覧会プロデュースの軌跡(水原園博)

¥2,700

新品本/川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界 川端香男里/監修 東山すみ/監修 「川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界」製作委員会/編

■ISBN:978-4-7630-0643-1 ■タイトル:新品本/川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界 川端香男里/監修 東山すみ/監修 「川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界」製作委員会/編 ■フリガナ:カワバタ ヤスナリ ト ヒガシヤマ カイイ ヒビキアウ ビ ノ セカイ ■著者名:川端香男里/監修 東山すみ/監修 「川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界」製作委員会/編 ■出版社:求竜堂 ■出版年月:200609

¥2,700

川端康成 1899−1972/川端康成

著:川端康成出版社:筑摩書房発行年月:2008年10月シリーズ名等:ちくま日本文学 026

¥950

川端康成初恋小説集/川端康成

著:川端康成出版社:新潮社発行年月:2016年04月シリーズ名等:新潮文庫 か−1−22

¥723

川端康成・三島由紀夫往復書簡/川端康成/三島由紀夫

著:川端康成 著:三島由紀夫出版社:新潮社発行年月:2000年11月シリーズ名等:新潮文庫

¥529

新品本/川端康成初恋小説集 川端康成/著

■著者:川端康成/著  ■タイトルヨミ:カワバタ ヤスナリ ハツコイ シヨウセツシユウ シンチヨウ ブンコ カ−1−22

¥723

川端康成と東山魁夷

著者名:川端 香男里 監修,東山 すみ 監修,「川端康成と東山魁夷 響きあう美の世界」製作委員会 編 内容説明:2005年、川端康成と東山魁夷の未公開の往復書簡が現存することが明らかになった。1955年から川端の死の半年前の71年11月まで交わされた書簡を通して、ふたりの芸術家が何を思い、何を語ったのか、その交流を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

¥2,700

川端康成 魔界の文学

出版社 岩波書店   著者  富岡幸一郎   内容: 川端康成の文学を現実と幻想を往還する小説の試みとして考察し、三島由紀夫らとの交友などを問い直し、新たな川端像を提示する。買切。

¥2,376

川端康成

著者名:板垣 信 著,福田 清人 編 内容説明:日本の現代文学史上に不動の地位を占める川端康成の、生涯とその作品とを解明。作家の精神内部にひそめるものを発掘し、時代と生活と作品を立体的に解説する。「十六歳の日記」「伊豆の踊子」「雪国」などを取り上げる。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,296

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS