トップ » 最新情報 » 日本の作家 » 司馬遼太郎 特集

最新 司馬遼太郎 特集

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

司馬遼太郎

著者名:村井 英雄 著 内容説明:司馬遼太郎は、ひととの交わりの中で、そのひとが志や心を持ったひとかどうかすぐに判断できる才能を持ったひとだった。志と心のわかる人だった。司馬遼太郎の、人物、作品、文学、日本・日本人観を分析する。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,296

司馬遼太郎の言葉

内容説明:『週刊朝日』の連載に加え、司馬遼太郎と陳舜臣の「空海」を巡る対談、葉室麟と安部龍太郎が司馬遼太郎を語り尽くす対談、磯田道史の司馬論など、さまざまな角度から司馬遼太郎の作家人生を振り返る。【「TRC MARC」の商品解説】作家司馬遼太郎が世を去って20年。名作に残る「言葉」はいまも新しい。「風塵抄」「私の関東地図」「夏草の賦」の世界を辿る週刊朝日の人気連載に加え、司馬・陳舜臣両氏の「空海」に関する対談、葉室麟、安部龍太郎、磯田道史各氏の司馬論など、司馬遼太郎の大きな仕事を振り返る。【本の内容】

¥994

司馬遼太郎を読む

著者名:中村 稔 著 内容説明:バルチック艦隊司令長官ロジェストヴェンスキーを司馬遼太郎はどう描いたか。時代小説から歴史小説へ展開した司馬遼太郎が、その過程で確立した司馬史観とはどういうものかを追求した、画期的な司馬遼太郎論。【「TRC MARC」の商品解説】

¥2,052

司馬遼太郎の遺言

著者名:谷沢 永一 著 内容説明:司馬遼太郎の「坂の上の雲」「翔ぶが如く」「街道をゆく」などの傑作には、日本人の生き方の知恵が隠されていた。司馬遼太郎が本当に言いたかったこと、言いのこしたことを明白に浮かびあがらせる。〔「円熟期司馬遼太郎エッセンス」(文芸春秋 1985年刊)の改題改訂新版〕【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,028

司馬遼太郎

著者名:司馬 遼太郎 ほか著 内容説明:「竜馬がゆく」「世に棲む日々」…。司馬遷に遼かに及ばずとの思いから、司馬遼太郎と名のった国民的作家の全貌に迫る。井上ひさし、梅棹忠夫、大岡昇平、鶴見俊輔との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

¥2,311

司馬遼太郎

内容説明:「坂の上の雲」や「花神」のほか、土居通夫らが登場する短編など、愛媛を舞台にした数多の作品を著した司馬遼太郎。その愛媛での足跡をたどるとともに、彼の心をひきつけてやまなかった風景をとらえる。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,944

司馬遼太郎の言葉

内容説明:『週刊朝日』連載の、司馬遼太郎の作品世界を記者が歩くシリーズ「司馬遼太郎の言葉」を書籍化。懐かしの講演録「女性と小説」、発掘対談「司馬遼太郎×黒柳徹子」、第20回「菜の花忌」シンポジウムなども収録。【「TRC MARC」の商品解説】好評発売中の週刊朝日ムック「司馬遼太郎の言葉」の第2弾。司馬さんの思想が凝縮された「この国のかたち」の世界を中心に、「肥薩のみち」「故郷忘じがたく候」の世界、「坂の上の雲」講演録や対談などを通し、司馬さんの「言葉の力」を改めて考える一冊。【本の内容】

¥994

司馬遼太郎全講演

著者名:司馬遼太郎 著

¥9,072

司馬遼太郎と寺社を歩く /司馬遼太郎

出版社:光文社、ジャンル3:その他、作者・アーティスト:司馬遼太郎、本のサイズ:文庫、ISBN:9784334747213、発売日:2010/01/12

¥508

司馬遼太郎の言葉

著者名:週刊朝日編集部 著 内容説明:『週刊朝日』連載の、司馬遼太郎の作品世界を記者が歩くシリーズ「司馬遼太郎の言葉」を書籍化。懐かしの講演録「漱石の悲しみ」、特別鼎談「徳川家康に逆らった男たち」、特別寄稿「司馬さんにもらった旅の言葉」なども収録。【「TRC MARC」の商品解説】大好評の週刊朝日ムック「司馬遼太郎の言葉」の第3弾。「真田一族の反骨」と「漱石と?外の本郷界隈」を軸に、司馬作品の世界を深掘りする。【本の内容】

¥994

司馬遼太郎の幕末維新

著者名:週刊朝日編集部 著 内容説明:「竜馬がゆく」「燃えよ剣」「新選組血風録」。執筆時のエピソードを辿り、作品の舞台を再訪することで、司馬遼太郎がどのように小説世界を創造していたのかを探る。司馬遼太郎の講演、作品ブックガイドなども収録。〔「週刊司馬遼太郎 1?8」(2006?2011年刊)をもとに再構成し、加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

¥713

司馬遼太郎の戦国

著者名:週刊朝日編集部 著 内容説明:「国盗り物語」「新史太閤記」「播磨灘物語」「関ケ原」。執筆時のエピソードを辿り、作品の舞台を再訪することで、司馬遼太郎がどのように小説世界を創造していたのかを探る。司馬遼太郎の講演、作品ブックガイドなども収録。〔「週刊司馬遼太郎 1?8」(2006?2011年刊)をもとに再構成し、加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

¥713

司馬遼太郎の幕末維新

著者名:週刊朝日編集部 著 内容説明:「世に棲む日日」「峠」「花神」。執筆時のエピソードを辿り、作品の舞台を再訪することで、司馬遼太郎がどのように小説世界を創造していたのかを探る。司馬遼太郎の講演、作品ブックガイドなども収録。〔「週刊司馬遼太郎 1?8」(2006?2011年刊)をもとに再構成し、加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

¥713

司馬遼太郎の幕末維新

著者名:週刊朝日編集部 著 内容説明:「翔ぶが如く」「最後の将軍」「胡蝶の夢」。執筆時のエピソードを辿り、作品の舞台を再訪することで、司馬遼太郎がどのように小説世界を創造していたのかを探る。司馬遼太郎の講演、作品ブックガイドなども収録。〔「週刊司馬遼太郎 1?8」(2006?2011年刊)をもとに再構成し、加筆・修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

¥713

司馬遼太郎をなぜ読むか

著者名:桂 英史 著 内容説明:これでいいの、司馬遼太郎さん? 司馬ファンには、歴史に学ぶ派、リーダーシップ派、民族派、文学論派、素朴派、現代小説派、ゲーム世代派、歴史観派などがある。司馬遼太郎現象を徹底解明する。【「TRC MARC」の商品解説】

¥2,052

司馬遼太郎覚書

著者名:辻井 喬 著 内容説明:平成も20年以上が経過して、ふたたび司馬遼太郎の文学や思想に関心が集まっているのは何故か。明治時代の日本を描いた「坂の上の雲」を中心に、司馬遼太郎文学を巡るさまざまなテーマを論じる。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,944

司馬遼太郎が描かなかった幕末

著者名:一坂 太郎 著 内容説明:国民的作家・司馬遼太郎の作品は、どこまでが史実であり、何が創作なのか? 吉田松陰、坂本龍馬、高杉晋作が活躍する司馬遼太郎の名作をひもときながら、幕末・維新史の真相に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

¥821

司馬遼太郎の「戦国時代」

内容説明:「箱根の坂」から「宮本武蔵」まで、司馬遼太郎の戦国物全長編を読む! 海音寺潮五郎、城山三郎、D.キーン、山崎正和等との対談、司馬遼太郎戦国群像伝、エッセイも収録。『文芸』別冊。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,296

司馬遼太郎と城を歩く

壮大な歴史ドラマに彩られた名城の特徴や時代背景を、司馬遼太郎作品の「国盗り物語」「翔ぶが如く」「竜馬がゆく」などの朗読と共に紹介していく「司馬遼太郎と城を歩く」シリーズシリーズ第7弾。 本作で清洲城、浜松城、丸岡城、佐賀城の4つの名城を詳しく紹介する。

¥3,780

司馬遼太郎と城を歩く

壮大な歴史ドラマに彩られた名城の特徴や時代背景を、司馬遼太郎作品の「国盗り物語」「翔ぶが如く」「竜馬がゆく」などの朗読と共に紹介していく「司馬遼太郎と城を歩く」シリーズ第6弾。 本作では仙台城、長浜城、郡山城、中津城の4つの名城を詳しく紹介する。

¥3,780

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS