We-Are-The-World ネットニュース

We-Are-The-World ネットニュースです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

トップ » 最新情報 » 日本の作家 » 三島由紀夫 特集

最新 三島由紀夫 特集

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

三島由紀夫1970

著者名:河出書房新社編集部 編 内容説明:三島由紀夫の死と政治に焦点を当てた一冊。三島由紀夫の政治論文を収録するほか、赤坂憲雄×安藤礼二の対談「三島由紀夫にとって天皇制とは何か」、三島由紀夫についてのエッセイ、論考などを掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,430

"三島由紀夫が復活する "

"s-9784909447050 発売ー2019年4月 内容:ソ連崩壊予言、田中角栄無罪論、天皇論…いまだ異彩を放つ鬼才が三島由紀夫を徹底分析、自決と輪廻転生の謎に挑んだ問題作!$$目次第1章 三島由紀夫と二・二六事件第2章 戦後天皇制に挑戦した三島由紀夫第3章 復活する三島由紀夫第4章 三島由紀夫の軌跡第5章 三島由紀夫の遺言特別寄稿 三島由紀夫と舞台の河"

¥1,210

"三島由紀夫が復活する "

"s-9784909447050 発売ー2019年4月 内容:ソ連崩壊予言、田中角栄無罪論、天皇論…いまだ異彩を放つ鬼才が三島由紀夫を徹底分析、自決と輪廻転生の謎に挑んだ問題作!$$目次第1章 三島由紀夫と二・二六事件第2章 戦後天皇制に挑戦した三島由紀夫第3章 復活する三島由紀夫第4章 三島由紀夫の軌跡第5章 三島由紀夫の遺言特別寄稿 三島由紀夫と舞台の河"

¥1,210

三島由紀夫の源流

著者名:岡山 典弘 著 内容説明:三島由紀夫の多面的で重層的で複雑な性格は、どのように育まれ、形成されたのか。三島の母方の親族、憧れた作家、自決直前の刺青、他の作家による三島由紀夫像といった様々な角度から、三島由紀夫の源流を探る。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,980

三島由紀夫

著者名:熊野 純彦 著 内容説明:多くの作品を遺して壮絶な最期を遂げた三島由紀夫。最後の傑作「豊饒の海」にいたる、主要作品の系列を読みなおすことで、その政治的行動の背後にある、作家・三島由紀夫の生と思考の軌跡を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】三島由紀夫の決定版評伝 「昭和」を駆けぬけるように生きた三島由紀夫。その政治的行動の背後にある、ひとりの文学者としての生と思考の軌跡を、現代の読者とともに辿りなおす。??三島文学になにを見いだすか、  あるいは、そもそもなにも見いださないのか??【商品解説】

¥1,320

三島由紀夫論

著者名:藤田 寛 著 内容説明:三島にとっての「天皇」とは何であったのか。文学と実行という観点から、三島由紀夫の核心に迫る。「三島由紀夫と石原慎太郎」「三島由紀夫の批評をめぐって」など、5つの章に分けて論を展開する。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,760

三島由紀夫における「アメリカ」

著者名:南 相旭 著 内容説明:若き韓国の研究者が、隣国から見た三島由紀夫の「アメリカ」とは? 三島由紀夫の小説作品にあらわれるアメリカ表象の分析を通じて、戦後日本文学における「アメリカ」という問題を把握し、考察する。【「TRC MARC」の商品解説】「女性」的な「日本」を表象した川端文学に対し、「男性」的な「日本」を表象した三島文学。「日本」は三島理解の重要な概念であるが、じつは、「アメリカ」に、三島理解の重要な鍵があった!若き韓国の研究者が、隣国から見た三島由紀夫の「アメリカ」とは?【商品解説】

¥3,080

「三島由紀夫」の誕生

著者名:杉山 欣也 著 内容説明:のちの三島由紀夫、平岡公威の10代における創作とその作者像に焦点を当て、さまざまな資料に刻印された言説を傍証に、「三島の語らなかった三島=学習院時代の平岡公威」の場から、後年の「三島由紀夫」の誕生をとらえ直す。【「TRC MARC」の商品解説】

¥4,950

三島由紀夫が復活する / 内容:ソ連崩壊予言、田中角栄無罪論、天皇論…いまだ異彩を放つ鬼才が三島由紀夫を徹底分析、自決と輪廻転生の謎に挑んだ問題作!

内容:ソ連崩壊予言、田中角栄無罪論、天皇論…いまだ異彩を放つ鬼才が三島由紀夫を徹底分析、自決と輪廻転生の謎に挑んだ問題作!$$目次第1章 三島由紀夫と二・二六事件第2章 戦後天皇制に挑戦した三島由紀夫第3章 復活する三島由紀夫第4章 三島由紀夫の軌跡第5章 三島由紀夫の遺言特別寄稿 三島由紀夫と舞台の河

¥1,210

三島由紀夫

著者名:小埜 裕二 編,藤井 貞和 ほか監修,多田 一臣 ほか編集委員 内容説明:西暦2000年は、三島由紀夫の没後30年にあたる。三島没後20年以後1998年までに書かれた論文の中から、「小説家とは何か?三島由紀夫の時間1」「三島由紀夫と悲劇:同一性拡散と既定された未来」など15編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

¥4,180

三島由紀夫

著者名:青木 純一 著 内容説明:三島の言葉に寄り添いつつ、突き放して俯瞰する視点から浮かび上がる「小説家」。三島由紀夫の人間と時代を現代から照射する刺激的評論。『群像』新人評論賞受賞の気鋭の評論家が、真っ向から小説家に向き合う。【「TRC MARC」の商品解説】「群像」新人賞受賞の気鋭の評論家が真っ向から三島由紀夫に向き合う。三島の物語に寄り添いつつ、突き放して俯瞰するという視点から浮かび上がる「小説家」。三島由紀夫の人間と時代を現代から投射する画期的評論。【商品解説】

¥3,080

三島由紀夫・文学と事件

著者名:清水 正 著 内容説明:「仮面の告白」に、すでに三島の「死」は予言されていた。緻密な分析で三島由紀夫の「文学」と「事件」の秘密に肉迫し、彼の行動美学と武士道も解き明かした画期的な三島由紀夫論。三島由紀夫没後35年記念出版。【「TRC MARC」の商品解説】

¥3,520

三島由紀夫

著者名:秋元 潔 著 内容説明:三島作品は唯一者の心的領域に存在する幻影であると同時に“政争の具”となる運命を辿るだろう?。「純文学」と「純喫茶」が流行り出した時代に三島と出会い、その27年後に三島の死を知った著者による三島由紀夫論。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,980

三島由紀夫

著者名:ジェニフェール・ルシュール 著,鈴木 雅生 訳 内容説明:生身の三島を知らない若い世代に、外国人の目を通した、余計なバイアスのかかっていない三島像を伝える。三島由紀夫の全体像をニュートラルな形で提示した三島研究の入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

¥968

三島由紀夫全集

著者名:三島 由紀夫 著 内容説明:早熟の天才の証し「神官」「冬山」、自筆原稿が発見され三島作と判明した変名小説「愛の処刑」、精密な青春の記録「会計日記」等、新発見の多数の未発表原稿を収録。また、三島由紀夫の全作品の索引も付す。【「TRC MARC」の商品解説】

¥6,380

三島由紀夫の源流

出版社 新典社   著者  岡山典弘   内容: 三島の母方の親族、憧れた作家、自決直前の刺青、他の作家による三島由紀夫像など、様々な角度から作家・三島由紀夫の源流を探る。

¥1,980

三島由紀夫と天皇

三島由紀夫の自死には、戦時期から戦後に至る昭和天皇の言動に対する〈諫死〉の意味が込められていた。三島の戦後25年の言動を読み解き、戦後体制の欺瞞の構造を抉る。

¥777

三島由紀夫と天皇

三島由紀夫の自死には、戦時期から戦後に至る昭和天皇の言動に対する〈諫死〉の意味が込められていた。三島の戦後25年の言動を読み解き、戦後体制の欺瞞の構造を抉る。

¥792

三島由紀夫研究文献総覧

目次:第一部門 三島由紀夫とその研究文献/第二部門 主要参考文献/第三部門 三島由紀夫の著作/付録[雑誌]三島由紀夫特集・人名索引・作品論等索引 

¥4,917

三島由紀夫外伝

著者名:岡山 典弘 著 内容説明:未だに多くの謎を秘めた“三島由紀夫”という存在?。夫人とUFOを目撃、三島の霊と話をしていた川端康成など、にわかには信じられない驚きのエピソードをあらゆる角度から拾い集め、その裏に見え隠れする三島像を概観する。【「TRC MARC」の商品解説】その、あまりにもスキャンダラスな半生!11 月25 日の「憂国忌」にあわせて発売致します!!!《瑤子夫人とUFOを目撃》《三億円事件の犯人は三島由紀夫だ!》《三島の霊と話をしていた川端康成》にわかには信じられないような話であるが、いずれも〝ガセネタ〟ではなく、〝トンデモ話〟でもない。没後四十余年、未だに多くの謎を秘めた〝三島由紀夫〟という存在――。そのスキャンダラスな半生を、本書ではあらゆる角度から拾い集め、その裏に見え隠れする三島像を概観する!【商品解説】

¥1,980

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |
フォトサンプル
ページのトップへ戻る