トップ » 最新情報 » 日本の作家 » 吉本ばなな 特集

最新 吉本ばなな 特集

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

吉本隆明が語る戦後55年 8/吉本隆明/吉本隆明研究会

著:吉本隆明 編:吉本隆明研究会出版社:三交社発行年月:2002年05月シリーズ名等:吉本隆明が語る戦後55年 8

¥2,160

吉本隆明

内容説明:加藤典洋、高橋源一郎、瀬尾育生による吉本隆明インタビュー、鶴見俊輔、大西巨人、山口昌男らによるエッセイ・論考、吉本入門、ブックガイド、新鋭による吉本論も収録。21世紀のための吉本隆明特集。『文芸』別冊。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,296

吉本隆明が語る戦後55年 10/吉本隆明/吉本隆明研究会

著:吉本隆明 編:吉本隆明研究会出版社:三交社発行年月:2003年03月

¥2,160

吉本隆明と『共同幻想論』

著者名:山本 哲士 著 内容説明:「吉本思想」は20世紀の世界最高峰の思想である?。吉本隆明の主著のひとつである「共同幻想論」を手がかりに、高度資本主義の変貌をつかみとり、「吉本思想」のエッセンスと現在性を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】なぜ今、吉本隆明の思想が必要なのか?「吉本思想」は20世紀の世界最高峰の思想である――25年にわたって吉本隆明本人と対話し掴んだ「吉本思想」のエッセンスと理論的な可能性を国家論、家族論、個人論において明らかする意欲作。フーコー、イリイチ、マルクスらの可能性と限界を読み解きながら、「吉本思想」の現在性と普遍性を照らし出す。【商品解説】

¥4,860

新品本/吉本隆明が語る戦後55年 4 吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集

■ISBN:978-4-87919-204-2 ■タイトル:新品本/吉本隆明が語る戦後55年 4 吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集 ■フリガナ:ヨシモト タカアキ ガ カタル センゴ ゴジユウゴネン 4 フ−コ− ノ カンガエカタ ■著者名:吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集 ■出版社:三交社 ■出版年月:200104

¥2,160

吉本隆明1968

著者名:鹿島 茂 著 内容説明:吉本隆明はいったい何と格闘し、いかにして「自立の思想」にたどり着いたのか。「永遠の吉本主義者」がその初期作品を精読、自らの「1968年」の意味を問い直す。吉本思想の核を捉えた渾身の評論。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,037

吉本興業の秘密

著者名:大阪お笑い総合研究所 著 内容説明:不景気なぞどこ吹く風、売れっ子や笑いタレントを多数抱え、飛ぶ鳥を落とす勢いで業績を伸ばす吉本興業。吉本で現在活躍するタレントたちにスポットをあて、吉本興業のパワーの秘密に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,049

吉本隆明入門

著者名:斎藤 慎爾 編集 内容説明:埴谷雄高「吉本隆明における戦後」、鹿島茂「寛容思想家・吉本隆明」、江藤淳「「体験」と「責任」について」、加藤典洋「内部への折り返しについて」などの論考のほか、吉本隆明アルバム抄、笠原芳光との対談などを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,944

最後の吉本隆明

著者名:勢古 浩爾 著 内容説明:戦後最大の思想家と冠される吉本隆明。吉本自身がこだわった「最後の親鸞」という考えに倣い、吉本思想の本質を取り出し、大御所にも権威にもならず、思想を生き抜くことは可能であることを示した姿を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,944

吉本隆明1968

団塊世代を中心に多くの支持を獲得してきた吉本隆明。独学によって自らを鍛え、比類なき思想を作り上げた彼の根底にある倫理観とはいかなるものだったのか-。「永遠の吉本主義者」がその初期作品を再読、自らの「一九六八年」の意味を問い直し、吉本思想の核を捉えた著者渾身の評論。吉本隆明はいかに「自立の思想」にたどり着いたか。「私小説的評論」を通して、その軌跡をたどる。

¥1,036

吉本隆明1968

団塊世代を中心に多くの支持を獲得してきた吉本隆明。独学によって自らを鍛え、比類なき思想を作り上げた彼の根底にある倫理観とはいかなるものだったのか-。「永遠の吉本主義者」がその初期作品を再読、自らの「一九六八年」の意味を問い直し、吉本思想の核を捉えた著者渾身の評論。吉本隆明はいかに「自立の思想」にたどり着いたか。「私小説的評論」を通して、その軌跡をたどる。

¥1,037

吉本隆明詩集

著者名:吉本 隆明 著

¥1,258

吉本ばななインタヴュー集

著者名:吉本 ばなな 著

¥1,258

吉本隆明1968

団塊世代を中心に多くの支持を獲得してきた吉本隆明。独学によって自らを鍛え、比類なき思想を作り上げた彼の根底にある倫理観とはいかなるものだったのか-。「永遠の吉本主義者」がその初期作品を再読、自らの「一九六八年」の意味を問い直し、吉本思想の核を捉えた著者渾身の評論。吉本隆明はいかに「自立の思想」にたどり着いたか。「私小説的評論」を通して、その軌跡をたどる。

¥1,036

吉本隆明全集

著者名:吉本 隆明 著 内容説明:長く深い時間の射程で考えつづけた思想家・吉本隆明の全貌と軌跡。5は、最初の単行本である作家論「高村光太郎」と、初期の重要な評論「芸術的抵抗と挫折」「転向論」、および花田・吉本論争の諸篇を収める。【「TRC MARC」の商品解説】最初の単行本である代表的作家論『高村光太郎』と、前巻に続く初期の重要な評論「芸術的抵抗と挫折」「転向論」、および花田・吉本論争の諸篇を収める。新たに1篇の単行本未収録原稿を収録。月報は、北川太一氏・ハルノ宵子氏が執筆。【商品解説】

¥6,912

私が読んだ吉本隆明

著者名:西山 道子 著 内容説明:思想家としての吉本隆明ではなく、生活者としての吉本の思想と、一人の人間としての吉本について論じる。著者自身の人生から理解できる吉本の像を表現する。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,620

吉本隆明の文化学

著者名:吉本 隆明 ほか著 内容説明:吉本隆明書き下ろし新稿をはじめ、長時間インタビューや自筆の詩、過去十年間の詳細な年記、三人の著者による全く新しい「吉本論」等、複合的・立体的な構成で、思想家「吉本隆明」の本質に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,363

吉本隆明

著者名:鮎川 信夫 ほか著 内容説明:鮎川信夫「思想詩人吉本隆明」、大熊信行「吉本隆明の戦争責任論」、遠丸立「吉本隆明の詩論とその位置」、宮城賢「『固有時との対話』研究」などを収録。1972年刊『現代詩手帖 第15巻第9号』の新装版。【「TRC MARC」の商品解説】

¥1,728

新品本/吉本隆明が語る戦後55年 2 吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集

■著者:吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集  ■タイトルヨミ:ヨシモト タカアキ ガ カタル センゴ ゴジユウゴネン 2 センゴ ブンガク ト ゲンゴ ヒヨウゲンロン

¥2,160

新品本/吉本隆明が語る戦後55年 8 吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集

■著者:吉本隆明/〔ほか〕著 吉本隆明研究会/編集  ■タイトルヨミ:ヨシモト タカアキ ガ カタル センゴ ゴジユウゴネン 8 マス イメ−ジ ト タイシユウ ブンカ ハイ イメ−ジ ト チヨウ シホン シユギ

¥2,160

1000件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...|次へ |最後  |

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS