トップ  »  社会  »  麻原彰晃"生誕祭" アレフ施設に信者続々

麻原彰晃"生誕祭" アレフ施設に信者続々

 オウム真理教の後継団体「アレフ」。松本智津夫の誕生日を迎えた2日、その施設には続々と信者が集まっています。一体、何が起きるのでしょうか。 東京・足立区にあるオウム真理教の後継団体「アレフ」の施設。 「午前3時34分です。3階と4階の部屋には明かりがついています」(記者) 深夜にもかかわらず、部屋にはこうこうと明かりが・・・。実は、3月2日は教祖だった麻原彰晃こと松本智津夫の60歳の誕生日にあたります。
アレフは毎年、この日に合わせ全国の施設で「生誕祭」を開催、その規模は拡大しているといいます。 一体、何が行われたのか・・・。私たちは、ある施設に向かいました。札幌市郊外の住宅街。在家信者が中心のアレフの北海道の拠点です。 「あっ、入った」(記者) 一見、ごく普通の学生や主婦に見える女性たち。
「明日、松本の誕生日ですが?」(記者) 「知らないです。分からないです」(アレフに出入りする女性) 「中で何をやっている?」(記者) 「知らないですよ」(アレフに出入りする女性) アレフは全国に20あまりの施設があり、およそ1450人の信者がいるとされています。中でも札幌では、イベントなどを通じ、積極的に若い信者を獲得。勢いが増しているといいます。 「(アレフの人か)勧誘かは知らないけど、話を聞いてくれないかって」(近所の住民) まもなく地下鉄サリン事件から20年、信者たちはどう考えているのでしょうか? 「地下鉄サリン事件はご存じですか?」(記者) 「ちょこっと。小さかったのであまり知らない」(アレフに出入りする女性) この日、施設に入ったのは50人以上。 「小さい子どもも施設に入っていきます」(記者) 中には、幼い子どもを連れた女性の姿も。
そして日付が変わった3月2日。実は、松本死刑囚が生まれたとされる時間が午前3時なのです。 公安調査庁によりますと、去年の生誕祭では、幹部信者が松本の写真を前に「グルの教えと、真理の道以外に得る道はない」と説法。http://www.rsk.co.jp/news/news_jnn.cgi?cat=1&id=2434251

アレフ(オウム真理教)の最大拠点前で解散を求め住民デモ 東京・足立区

 地下鉄サリン事件から20年になるのを前に、オウム真理教から 名前を変えた「アレフ」の最大の活動拠点がある東京・足立区で、 住民がデモ行進をして教団の解散を訴えました。
足立区によりますと、教団「アレフ」は5年前から足立区入谷の 4階建てのビルを教団の施設としていて、およそ50人の信者が 生活する最大の活動拠点となっています。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150308/k10010008191000.html

日本礼賛本、嫌韓・嫌中しのぐ勢い?ブームの理由を探る

 書店で"嫌韓・嫌中本"をしのぐ勢いで売れているのが「日本はこんなにスゴイ!」と褒めたたえる"日本礼賛本"だ。謙遜が美徳、自己PRは下手だったはずのこの国で今なぜ、この手の本が売れるのか。 理由が知りたくて、尋ねて回った。 ◇将来不安癒やす安定剤? 震災機に広がり  書店でタイトルを拾ってみる。「ドイツ大使も納得した、日本が世界で愛される理由」「やっぱりすごいよ、日本人」「イギリスから見れば日本は桃源郷に一番近い国」 「イギリス、日本、フランス、アメリカ、全部住んでみた私の結論。日本が一番暮らしやすい国でした。」「だから日本は世界から尊敬される」。どれもこの1年間に出版された。

そういえば、テレビでも「所さんのニッポンの出番」「世界が驚いたニッポン!スゴ?イデスネ!!視察団」など外国人に日本を褒めてもらう番組がいっぱいだ。  ブームの「火付け役」の一つは、47万部売れた2010年12月出版の「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」(竹田恒泰著、PHP新書)。 担当編集者、藤岡岳哉さんは「当時、正面切って自国を褒める本はほとんどなかった。自国を褒めていいというメッセージが読者に待ち望まれていた」と分析する。
出版の3カ月後、東日本大震災が発生。整然と助け合う日本人の姿が世界から称賛を浴びた。「『日本は素晴らしい』と口に出す人が増え、部数は大きく伸びた」。
シリーズ3冊で累計約81万部。 3冊目「日本人はいつ日本が好きになったのか」の表紙のキャッチフレーズはこうだ。  <「自分の国がいちばん」とやっと素直に僕らは言えた>  実際、NHKの「日本人の意識」調査(13年)で「日本人はすぐれた素質をもっている」「日本は一流国だ」と答えた人はそれぞれ68%、54%。03年の51%、36%を底にU字回復し、1983年の最高値レベルまで戻している。

やはりこのブーム、日本を好きな人が増えたせいなのか。  一方、斬新な書名が話題の「住んでみたドイツ 8勝2敗で日本の勝ち」と「住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち」(川口マーン恵美著、講談社+α新書)。前者は16万部、後者が14万部。 いかにも日本礼賛といった題名だが、中身は日本をベタ褒めしているわけではない。教育面を中心に日本にも苦言を呈しており、読後の印象はせいぜい「6勝4敗」だ。  担当編集者、間渕隆さんは「日本を誇る本は売れるので著者と相談の上、少々盛って『7勝3敗』とする予定だったが、ゴロが悪いので『8勝2敗』にした」と種明かしする。
「00年代半ばまでは欧米人と結婚した日本人女性が日本の情けないところを指摘する本が売れていた。07年、デュラン・れい子さんの『一度も植民地になったことがない日本』が20万部を超えたあたりで潮目が変わった。 震災がその傾向に拍車をかけた」  昨年は「呆韓論」など韓国や中国をたたく書籍が多くベストセラーに入り、「嫌韓・嫌中本ブーム」として注目された。「読者も飽きてきた」(間渕さん)ところで盛り上がったのが、今回の「日本礼賛本ブーム」だ。

ネット上では「ヘイト本ブームと表裏一体」「まるで"愛国ポルノ"」などの批判の声もある。  もっとも間渕さんは「日本礼賛本=嫌韓・嫌中本の裏返し」という図式には懐疑的だ。「愛国心を動機に読む人だけなら数万部止まり。16万部も売れません。 確かに1冊目は最初、産経新聞の読者層や嫌韓・嫌中本を読む50、60代男性に売れた。しかし読者層は広がり、2冊目は女性にもよく読まれている」  多くの読者を引きつけるには、もっと別の理由があるということか。
過去にも、日本や日本人をたたえる本が売れた時代はあった。 「『日本人論』再考」の著者で東大名誉教授(文化人類学)の船曳建夫(ふなびきたけお)さんは、その手の書籍がブームになる背景には常に「不安」があったと指摘する。
「明治維新以来、国が苦境にある時も右肩上がりの時にも、日本人論は日本人がアイデンティティーに不安を抱えた時代に流行し、不安を癒やす『安定剤』の役目を果たしてきました」  船曳さんによると、日本人論ブームの第1期は日清・日露戦争の富国強兵の時期の「武士道」(新渡戸稲造著)や「代表的日本人」(内村鑑三著)など。 西洋の先進国と比較し、日本をポジティブに評価しようとした外向きの時代だ。第2期は29年世界恐慌から開戦ごろまで。九鬼周造の「『いき』の構造」など「日本は非西洋である」を前提に日本の伝統に価値を求めた内向的な時代。 http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000m040014000c.html

曽野綾子氏の発言を週刊誌各社が全面擁護 百田尚樹氏擁護と同じ構図?

 産経新聞のコラムでアパルトヘイト導入を提唱し、大炎上した曽野綾子氏。その後、曽野氏のコラムには、南アフリカの駐日大使やNPO法人「アフリカ日本協議会」が抗議文を出し、 日本アフリカ学会有志も「学術的にみても、アパルトヘイト(人種隔離)を擁護する見解だ」として撤回を求める要望書を曽野氏と産経新聞社に提出するなど、国際問題に発展した。
もちろん国内でも曽野氏の見解には否定的な意見が圧倒的だが、当の曽野氏はいまだ強気の姿勢を崩さず、海外紙が曽野を安倍首相の元アドバイザーと書いたことにかみつき、 事実でないと訂正を求める始末。この人、自分が「教育再生実行会議」の委員だったことを忘れているのだろうか。
ところが、マスメディアはこの曽野氏を一向に追及する気配がない。それどころか、「週刊文春」(文藝春秋)や「週刊ポスト」(小学館)、「FLASH」(光文社)といった週刊誌は曽野氏を擁護する記事まで掲載しているのだ。  まず、2月26日号の「週刊文春」は、「曽野綾子「移民政策」コラムで私が伝えたかったこと」と題して記事を掲載。このなかで曽野氏は、南アフリカ大使からの抗議に対し、このように反論している。 〈南アフリカ共和国大使が日本語に堪能な方だったら失礼ですが、私のエッセイの中の、『差別』と『区別』の差がきちんと伝えられていないと思います。(中略)日本国家も、日本人としての『自覚的・他覚的』区別の下に成り立っています。 芸術家の個性も、一人一人の個性として区別されるからこそ、存在の意義があるのです。しかしそれは、どれが上というものではありません。それが個性というものの豊饒な味わいです〉  出た、差別主義者の常套句「差別ではない、区別だ」──この問題は後述するとして、曽野氏はこうも述べる。 〈差別というと、日本人は反射的に、自分が差別をする側だと思うのですね。私はそれがいつも不思議です。私はたびたび、差別されている自分を感じました。しかしそれは不幸でも幸福でもありませんでした。 自分の精神が一応確立していれば、差別を常に意識することはありません〉  差別者というものは往々にして被差別者に鈍感なものだが、この曽野氏の発言はその最たる例だ。曽野氏は「差別されていると感じるのは精神が確立されていないから」「差別されても私は平気だから、 あなたも差別を甘んじて受け入れるべき」と言っている。引用 http://news.livedoor.com/article/detail/9829292/

産経新聞が「幸福の科学」の広報紙に? 大量広告

 全国紙の中ではもっとも低く見られていた同紙が、右傾化の風潮のなかでどんどん存在感を増している、ということだろうか。だとすると、さぞかし部数も、と思いきや、売れ行きのほうはまったくそんなことはないらしい。
「産経新聞の売れ行きはむしろ、年々下がっているようで。しかも、広告がなかなか入らない。相当なダンピングもしているようで すし、あやしげな団体や自費出版本など、相手を選ばずに片っ端から広告を掲載している有様。広告審査基準があるのか、と陰口を叩かれているほど。経営は相当に苦しいようです」(全国紙・広告担当社員)そんな産経新聞にとって、文字通り救いの神になっているのが、宗教団体「幸福の科学」だ。実は、年間を通じて、産経新聞は「幸福の科学」関連の広告を大量に掲載しているのだ。一番多いのが、傘下の出版社である幸福の科学出版の書籍広告だ。周知のように同社では大川隆法の「霊言集」はじめ、相当 な数の書籍を出版。そのたびに書籍広告を各新聞に出稿しているのだが、掲載回数は産経新聞がダントツなのだ。たとえば、今年の1月から2月中旬までの間だけとっても、1月9日に大川隆法の『智慧の法』の全5段広告、1月18日に は女優・武井咲の霊言本などの全5段広告、2月7日には俳優・香川照之の霊言本などの全5段広告、2月15日に大川の 著作『国際政治を見る眼』全5段広告など、5回以上の広告が掲載されている。
2014年の1年間をカウントしてみると、その広告の掲載回数はなんと30回以上。なかには、11月16日付紙面に掲載され た『安倍総理 守護霊の弁明』のように全面広告のケースもある。  しかも、これに加えて、幸福の科学を母体とする幸福実現党の広告等も掲載されており、ほぼ10日に1回は幸福の科学関連 の広告が掲載されている状態だ。あまりの多さに昨年6月に開かれたフジサンケイグループの持ち株会社・フジ・メディア・ホールディングスの株主総会では、株 主から「産経新聞に『幸福の科学』の広告が多すぎるのではないか」との指摘さえあったという。「幸福の科学は新聞広告につきもののダンピングもほとんどせずに、ほぼ正価で出稿しているという話です。出稿金額は、おそらく 年間で1億円近くなるでしょう。産経にとっては、どんな批判を受けようが、この金は手放すことはできませんよ」http://lite-ra.com/2015/03/post-937.html

キーワード

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php