トップ  »  社会  »  谷崎潤一郎「細雪」「春琴抄」などの創作ノート見つかる 中央公論新社

谷崎潤一郎「細雪」「春琴抄」などの創作ノート見つかる 中央公論新社

日本の近代文学を代表する作家、谷崎潤一郎の「細雪」や「春琴抄」の創作ノートがあることが分かりました。戦争で焼失したと考えられていましたが、谷崎が空襲を避けようとカメラで撮影したものが残されていたと みられ、専門家は「大変貴重な超一級の資料だ」と話しています。 これは、谷崎潤一郎の全集を出している中央公論新社が記者会見して明らかにしました。それによりますと、資料は、谷崎が「春琴抄」や「細雪」を構想していた昭和8年から昭和13年にかけて書いたとみられる255枚に 上る創作ノートで、カメラで撮影されたものが印画紙として残されていたということです。 このうち、谷崎が妻の松子の4姉妹をモデルにして昭和17年から執筆した「細雪」については、作品名を、 当初、「三寒四温」にしていましたが、創作の過程で作品名を「細雪」と思い付いて変更したことが うかがえます。 また、4姉妹の生活ぶりや会話など、谷崎の身の回りのエピソードが詳細に記録され、作品に 取り入れられていることが分かります。

一方、目の見えない琴の師匠・春琴の物語「春琴抄」のノートには、「春琴九才ノトキ失明ス」や、 「十七才ノトキ妊娠」などと書かれていて、人物やストーリーの設定が箇条書きで細かく書き込まれています。 「春琴抄」の創作ノートはこれまで存在が知られておらず、「細雪」のノートは一部しか残っていなかった ため、昭和20年に兵庫県の家が空襲にあった際、焼けてしまったと考えられていました。しかし、谷崎の幼いときからの友人、笹沼源之助が、ノートを1枚1枚写した印画紙を保管し続け、遺族が 「研究に役立ててほしい」と出版社に託したということです。 撮影されたのは、太平洋戦争が始まった翌年の昭和17年ごろとみられ、谷崎文学を研究している早稲田大学の 千葉俊二教授は「谷崎が空襲でノートが焼けるのを恐れ、写しを友人に預けていたのではないか。戦争が 終わったあとも生き残って小説家としてやっていくという強い意志がうかがえ、近代文学研究において大変 貴重な超一級の資料だ」と話しています。

「春琴抄」「細雪」とは 谷崎潤一郎の代表作の1つ、「春琴抄」は、満州事変の2年後の昭和8年に発表された作品です。美しく、目の 見えない琴の師匠、春琴とその弟子の佐助が登場し、顔にやけどを負った春琴を思う佐助が、みずからの両目を 針で刺し、愛する人に一生をささげることを誓うという、谷崎ならではの愛の形を描いています。 一方、「細雪」は、太平洋戦争まっただ中の昭和18年に雑誌で連載が始まった小説で、関西の旧家で美しい 4人の姉妹が織りなす日々をつづっています。四季折々の行事や、上方文化の華やかな世界を描きましたが、 作品の華やかな内容が「時局に合わない」として連載が中止になりました。 のちに、谷崎は当時の心境を「自由な創作活動が、ある権威によって強制的に封ぜられ、これを 是認しないまでも深く怪しみもしないという一般の風潮が、強く私を圧迫した」と記しています。終戦の翌年に 刊行された「細雪」はベストセラーとなり、その後、たびたび、映画化やテレビドラマ化されるなど、日本文学を代表する作品の1つとなっています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150402/k10010036351000.html

谷崎潤一郎 1886‐1965

小説家。東京日本橋生れ。東大国文中退。1910年小山内薫、和辻哲郎らと第2次(新思潮)を創刊し(刺青)(麒麟)を発表、また(スバル)に(少年)(幇間)を発表し永井荷風の絶賛をうけた。(悪魔)(お艶殺し)などを書いて官能的な耽美(たんび)派、悪魔主義の作家とされ、(痴人の愛)でその頂点を示した。関東大震災後関西に移住して古典や純日本的なものに関心を集め、(卍(まんじ))(蓼(たで)喰ふ虫)(吉野葛)(盲目物語)(蘆刈)(春琴抄)を発表、(源氏物語)現代語訳(1939年―1941年)を完成した。戦後は(細雪(ささめゆき))のほか(少将滋幹の母)(鍵)(瘋癲老人日記)や随筆(倚松庵随筆)(陰翳礼讃(いんえいらいさん))がある。1949年文化勲章。谷崎精二は弟で作家、英文学者。

武者小路実篤や島崎藤村ら文豪が魯迅の弟に宛てた書簡発見

武者小路実篤や島崎藤村といった日本の文豪たちが大正から昭和にかけて中国の作家、魯迅の弟に宛てた 1400通余りの手紙などが中国で見つかり、専門家は激動の時代を生きた日中の文化人の交流を知る貴重な 資料だと話しています。 見つかったのは中国の作家・魯迅の弟で、自身も作家として活躍した周作人に宛てて日本の文豪などが書いた 手紙やはがきで、中国・北京に住む周作人の孫が保管していました。

調査の依頼を受けて、北京を訪問した日本近代文学が専門で弘前学院大学大学院の顧偉良教授によりますと、 明治から昭和にかけて活躍した文豪や文学者、それに民間人350人余りが大正初期から周作人が亡くなる昭和 40年代にかけて送った1400通余りが見つかったということです。 周作人は明治時代に兄の魯迅とともに日本に渡り、帰国後、大学教授として日本文学などを研究していた ことから、日本の文豪たちと交流があったということです。 このうち、武者小路実篤が昭和18年に送った手紙には漢の時代のすずりをもらったことへの感謝の気持ちが 記されています。 また、島崎藤村が本名で書いた手紙や、戦後、中国を訪問したいと願った晩年の谷崎潤一郎が妻に代筆させて 書いたとみられる貴重な手紙なども残されています。

顧教授は「これだけ多くの書簡が保管されているのは極めて珍しい。激動の時代を生きた日中の文化人の交流を 知るうえで貴重な資料だ」と話しています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027691000.html

武者小路実篤 1885‐1976

小説家、画家。東京生れ。東大哲学科社会学専修中退。青年時代トルストイに心酔。1910年志賀直哉らと雑誌(白樺)(白樺派)を創刊、自己主義を主張して小説(おめでたき人)、戯曲(わしも知らない)などを書いた。小説(彼が三十の時)以後人道主義を標榜(ひょうぼう)、戯曲(その妹)を書き、1918年新しき村を創設。このころ小説(幸福者)(友情)(或る男)、戯曲(人間万歳)(愛慾)がある。昭和初期には伝記小説や美術関係の著作が多く、第2次大戦後に長編(真理先生)などがある。1951年文化勲章。

島崎藤村 1872‐1943

詩人、小説作家。本名春樹。木曾(長野県)馬籠(まごめ)生れ。馬籠宿の本陣、問屋、庄屋を兼ねた島崎正樹の四男。1881年修学のため上京、1891年明治学院卒。その間キリスト教に入信した。1892年明治女学校教師となり、かたわら(女学雑誌)に寄稿。(文学界)創刊とともに同人となり、北村透谷に傾倒した。1896年から1年たらず東北学院教師として仙台に赴任、新体詩をつくり、このころの作品を1897年第1詩集(若菜集)として出版、近代詩の確立に貢献した。続く詩集(一葉舟)(夏草)(落梅集)で近代文学に浪漫主義時代を築いた。1899年小諸義塾に赴任、散文を志すようになり(千曲川のスケッチ)などを書いた。

1905年一家をあげて上京、翌年(破戒)を自費出版し、最初の本格的な自然主義の小説として激賞され、第一流の作家としての地位を得た。続いて(春)(家)(新生)(嵐)などを発表。(家)は自然主義の到達した頂点とされ、(新生)は自らの人生の危機を描いて論議を招いた。1929年からは維新における父正樹をモデルに膨大な歴史小説(夜明け前)の執筆にとりかかり、1935年に完成した。1943年(東方の門)を未完中絶のまま死去した。

名作『若草物語』リメイク再始動、女優サラ・ポーリーが脚本執筆

アメリカの19世紀の女流作家ルイーザ・メイ・オルコットの名作『若草物語』。 幾度となく映画化されているが、1994年にウィノナ・ライダー、キルステン・ダンスト、 クレア・デインズなどの出演で映画化されて以来、約20年ぶりのリメイクとなる企画が ソニー・ピクチャーズで進行しているという。 The Wrapによると、映画『死ぬまでにしたい10のこと』(03)や『ドーン・オブ・ザ・デッド』(04)などの 女優として知られ、『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』(08)ではアカデミー賞脚色賞にノミネートされた サラ・ポーリーが脚本を執筆することに決まっているという。

監督は未定だが、映画監督としても 注目されているサラに落ち着く可能性があると見られている。 2013年10月に『若草物語』のリメイク製作が伝えられた当時は、新人脚本家の オリヴィア・ミルヒが脚本を執筆すると伝えられたが、以後、企画が動いている様子はなかった。 『若草物語』は、オルコットが1868年に発表した文学小説。 南北戦争で揺れる19世紀アメリカを舞台に、マーチ家の4人姉妹、長女メグ、次女ジョー、 三女ベス、四女エイミーの成長物語を描く。 1994年の映画化以前にも、名女優キャサリン・ヘップバーンが出演した1933年版、 エリザベス・テイラーが出演した1949年版があるが、新『若草物語』ではどのような 豪華キャストの共演となるのか。今後のキャスティング情報にも注目したい。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00035913-crankinn-movi

オルコット 1832‐1888

米国の女性作家。革新的な教育者、思想家 A.B. オルコット〔1799-1888〕の娘。教師、看護婦などをしながら文筆の道に入った。作品には、民主主義的な自由の精神をたたえた家庭小説が多く、代表作は(若草物語)、(昔気質の一少女)(1870年)など。

キーワード

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php