トップ  »  サービスとソリューション  »  Movable TypeとPowerCMS

Movable TypeとPowerCMS

PowerCMSは、Movable Type の使いやすさはそのままに、多段階の承認ワークフローや、ステージングサーバー連携など、ハイエンドCMSの高機能を追加することができる、Movable Type をベースにしたソリューション製品です。

PowerCMS

最新版の PowerCMS 4 では、Movable Type 6 に対応し、ダッシュボードの改善、アイテムやプラグイン管理機能の強化、動作の高速化など、より大規模なサイトの構築・運用に最適化されています。クラウド環境で PowerCMS のインストール、設定、保守を請け負うハウジングサービスも提供しています。

Movable Typeがセキュリティ対策ガイドを公開

Movable Typeがセキュリティ対策ガイドを公開

今や企業にとってウェブサイトは情報発信やマーケティングに欠かすことのできない存在となりました。しかし、国内においてウェブサイトの改ざんが急増している昨今、セキュリティ対策を怠ると、自社のウェブサイトがウィルスや不正プログラムの配布元となってしまい、信頼を失墜してしまうということになりかねません。

Movable Typeはこの状況を受け、CMSプラットフォーム Movable Type を使用し、より安全にウェブサイトを管理していただくための"Movable Type セキュリティ対策ガイド"を公開しました。

Movable Type セキュリティ対策ガイド|MovableType.jp

セキュリティ対策ガイドでは、基本的なことから細かな設定まで、以下の9つの項目について詳しくご案内しています。

Movable Type 6.1.1 をリリース。クラウド版のサーバー配信機能がより使いやすくなったようです。

Movable Type 6.1.1 をリリース。クラウド版のサーバー配信機能がより使いやすくなりました

Movable Type 6.1.1をリリースしました。Movable Type Advanced および Movable Type クラウド版で提供しているサーバー配信機能が大幅に見なおされ、より使いやすくなったほか、Data API の検索条件対象にカスタムフィールドも追加されています。

Movable Type 6.1 で確認された、複数の問題の修正を含む新しいバージョンとして、 Movable Type 6.1.1 の提供を開始します。Movable Type 6.1.1 は、いくつかの機能改善とセキュリティ修正が含まれています。

6.1.1 リリースノート

Movable Typeセキュリティアップデートの概要

Movable Type 6.1 を含む以前のバージョンにおいて、ユーザー入力値のバリデーション漏れに起因する、リモートコード実行の脆弱性が発見されました。Movable Type 6.1.1へのアップグレードを強く推奨します。

本アップデートは、Movable Type クラウド版ならびに Movable Type Advanced に含まれています。Movable Type クラウド版をご利用の方は、ご利用いただけます。

Movable Type Writer は、さっと立ち上げて、さっと書ける。そんな新しい Movable Type の入り口です。ブラウザーでCMSの管理画面へアクセスすることなく、Movable Type Writer を立ち上げるだけで、軽快な操作で記事の投稿が可能です。

  • 簡易なリッチエディタ
  • ドラッグ&ドロップによる画像挿入
  • HTMLで記述することも可能
  • ネットワークに非接続状態でも編集中の記事をローカルに保存可能
  • MITライセンスで提供(カスタマイズして利用可)

PowerCMS 価格表

  • スタンダード版 1サーバー・5ユーザー 300,000円(税抜)
  • プロフェッショナル版 1サーバー・無制限ユーザー 600,000円(税抜)
  • エンタープライズ版 1サーバー・無制限ユーザー 900,000円(税抜)
  • アドバンスト版 無制限サーバー・無制限ユーザー 1,800,000円(税抜)
    • PowerCMS ハウジングサービス

      GMOクラウド社のクラウド環境でPowerCMSのインストール、設定、保守を請け負うハウジングサービスを提供しています。詳細については、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

      初期費用(インストール、サーバー設定、ドメイン設定)100,000円(税抜)サーバー保守月額15,000円(税抜)から

      PowerCMS ハウジングサービス動作環境

      オープンソース版を除く Movable Type 5.1 以降(Movable Type 4、Movable Type 5.0x では動作しません)。

      PowerCMS ハウジングサービスサーバーOS

      • Linux, Solaris/Unix, BSD
      • Mac OS X
      • Windows Server 2008 R2(Active Perl 5.14.x(32 bit))
      • Microsoft Windows Server 2012(Strawberry Perl 5.14(32 bit))

      PowerCMS ハウジングサービスウェブサーバー

      • Apache HTTP Server 2.0 以上
      • Microsoft Internet Information Services 7.5 以上
      • Nginx (CGIもしくはPSGIおよびDynamicMTML実行環境が別途必要となります)

      PowerCMS ハウジングサービスデータベース

      • MySQL バージョン 5.0 以上
      • Oracle Database 11g R2(PowerCMS Advanced を利用する場合のみ)
      • Microsoft SQL Server 2012(PowerCMS Advanced を利用する場合のみ)

      PowerCMS ハウジングサービスサーバソフトウェア

      • Perl 5.8.1 以上(5.14 以上を推奨)
      • PHP 5 以上(5.3 以上を推奨)

      Windows 環境で Active Perl を使う場合の注意点 DBD::ODBC 1.24 は利用できません。他のバージョンを利用してください。データベースに Oracle を利用する場合、Active Perl 64bit 版は利用できません。32bit 版を利用してください。

      PowerCMS ハウジングサービス必須 Perl モジュール(Movable Type の動作に必要なもの以外に)

      • Archive::Zip
      • Image::Magick
      • LWP::UserAgent
      • XML::Parser
      • Estraier.pm(エンタープライズ検索に必要)
      • Digest::SHA1(エントリを Twitter へつぶやくために必要)
      • HTTP::Date(Link プラグインで必要)
      • Text::CSV_XS(改行を含む CSV ファイルをインポートするために必要)
      • MIME::Parser(携帯メール投稿のために必要)
      • Crypt::SSLeay(Google Analytics との連携に必要)

      ダイナミックパブリッシング

      • PHP 5.x 以上(PHP4 は不可)
      • Apache の場合は .htaccess が利用可能であること

      クライアント動作環境

      • Google Chrome
      • Internet Explorer 8 ~ 11(Modern UIは非推奨となります)
      • Safari(最新版)
      • Mozilla Firefox (最新版または ESR 版)

      Movable Type によって提供されるコミュニティ機能と組み合わせての使用は想定されておりません。PowerCMSは、シックス・アパートのパートナーであるアルファサード株式会社が開発した製品です。記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

      注意事項

      Movable Type 6 から導入された Data API を有効にしていると、プラグインでアクセス制限をしているブログの記事も呼び出すことができ、閲覧が可能となりますので、アクセス制限をされる場合は、Data API を無効にしてご利用ください。

      Movable Type制作例1

      123キャプチャ.gif

      Movable Type制作例2

      445キャプチャ.GIF

      Movable Type制作例3

      キャプチャ.gif

      Movable Type制作例4

      キャプチャ1.gif

      WordPress

      WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。b2/cafelogというソフトウェアのフォーク(後継)として開発、2003年5月27日に初版がリリースされた。GNU General Public License(GPL)の下で配布されている。WordPress

      WordPress主な特徴

      • PHPによる動的なページ生成
      • 標準添付のテンプレート等がウェブ標準に準拠
      • 記事への複数カテゴリー設定に対応
      • カスタマイズ可能で検索エンジンフレンドリーなURL
      • テーマによる簡単なデザインの切り替え
      • プラグインによる拡張機能
      • WYSIWYGによるエントリ編集
      • 投稿スラッグによるパーマリンクURL作成

      WordPressテンプレート テーマ

      WordPressのテンプレートはすべてPHPであるため、PHPとHTMLをある程度知っていれば容易にテンプレートをカスタマイズできる。

      テンプレートは多くの場合、ヘッダー部とサイドバー部、コンテンツ部、フッター部、に分けて記述され、1ページはそれらの組み合わせで表示される。WordPressでは、PHPテンプレートにスタイルシートを組み合わせたセットをテーマと呼ぶ。多くの無料テーマが、公式サイトのほかサードパーティから提供されている。テーマの中には、ページを構成する要素をメニューから選択できるウイジェットという機能が使えるものがある。

      WordPressプラグイン

      様々な機能をプラグインとして追加でき、サードパーティからも多くのプラグインが開発されている。プラグインはPHPで開発できる。

      WordPress言語対応

      WordPressはマルチバイト文字に対応しており、文字エンコーディングをUTF-8に設定することで日本語が利用できる。ただし、インタフェースに関してはすべて英語であるため、これを日本語化したWordPress日本語版が日本語版サイトでリリースされている。

      日本語版は基本的にインターフェースのみを日本語化したものであり、機能面での互換性は保たれている。

      キーワード

      このページの先頭へ

      高速検索リンク

      このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php