トップ  »  サービスとソリューション  »  CMS コンテンツマネジメントシステムへの移行 WordPress MovableType EC-CUBE

CMS コンテンツマネジメントシステムへの移行 WordPress MovableType EC-CUBE

ソリューションとは解決(法) 解釈 解答を意味します。私のWEBサイトにおいてのソリューション、解決、解答はコンテンツマネジメントシステムへの移行ではないかと思います。
既存サイトにとって既存コンテンツは"長年に渡ってコストをかけて蓄積してきた資産"であって、"やっかいな過去の遺産"では決してありません。コンテンツが充実しているからこそサイトの価値が高まり、競合との差別化にもつながるのです。管理上どうしてもCMSに移行するとき注意点を見てみましょう。

既存サイトからCMS移行

URLは変更しない重要

既存ページのURLを変更するとサイト内のリンクや外部サイトからのリンクが切れてしまうため、ユーザーにとっての利便性が落ちるだけでなく、SEOの効果も落ちることになります。検索順位も大幅に下がります。

CMSとは

CMSとは、htmlなどの専門知識がない初心者でも、簡単にホームページ制作ができるように作られたソフトウェア・アプリケーションのこと。有料・無料のものなど多数あるが、一般的にはブログやSNSなどのサービスにより認知され、2005年ごろより普及したと言われてます。

CMSの機能

CMS導入のメリット

この様にサイトを運営する側にとってはCMS導入はさまざまなメリットがあることをご理解いただけると思います。企業がCMSを利用する場合には対投資効果を求められます。得られるメリットを金銭に換算しCMS導入に掛かる費用とのバランスを取り導入することでCMS導入のメリットを最大化してください。

CMS導入のデメリット

オープンソース

オープンソースとは、ソフトウェアの著作者の権利を守りながらソースコードを公開することを可能にするライセンス(ソフトウェアの使用許諾条件)のことです。

WordPress

WordPressは世界的に見ると最も普及したサーバーインストール型ブログシステムでオープンソースとして開発が進められ、PHP・MySQLで構築されています。当然、
プラグイン(追加機能)やテーマ(デザインテンプレート)は非常に豊富で、ブログカスタマイズを楽しむにはWordPressが一番いいでしょう。

本格ビジネスサイトを作りながら学ぶ WordPressの教科書 Ver.4.x対応版
WordPressで作るスタイリッシュWeb ver 4対応
できる100ワザ WordPress必ず集客できる実践・サイト運営術WordPress 4.x対応

MovableType

国内でサーバーインストール型のブログというと、MovableType(ムーバブルタイプ以下MTと表記)が圧倒的に有名です。確かにMTは国内でユーザー数も多く、書籍・解説サイト等により情報も得やすく安心できるCMSでしょう。
ただ、多くのCMSがオープンソースにより開発が進む中、1企業が開発してきた販売用(個人・非商用は無料で使える)のソフトウェアであるMovableTypeは異端とも言えます。MTOSとしてオープンソース化も始まっていますが、今後の開発動向が楽しみです。シェアはCMSとして全世界で約4分の1という事で圧倒的な支持を得ています。
個人利用の場合は無料でダウンロードできます。WordPressは2005年に登場しましたが、MovableTypeは2003年から開発・提供とCMSの老舗の位置づけをされます。

Movable Type 6 本格活用ガイドブック
Movable Type 5でつくる! 最強のブログサイト
CMSとして使う Movable Type 5 ガイドブック

EC-CUBE(イーシーキューブ)

日本発!ECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」

日本発のEC対応CMS、商品管理、受注管理、顧客管理、売上集計等、企業に必要な機能が充実しており、かつWebサイト構築までができる非常にスグレモノ。
ちょっと小耳に挟んだ情報だと計算式の関数(切り捨てや切り上げ)に若干の不安要素があるため、一応金額部分は確認をしていただいたほうがいいかと思います。ECサイト構築システムをオープンソースとして公開したものです。ASPではできなかった独自性の高いECサイトが作れます。
もちろん無料です。テンプレートが多数用意されており、画像を差し替えるだけで、簡単にショッピングサイトをオープンできます。国内シェアNo1、推定20,000店舗以上で利用されていると言われております。

EC-CUBE公式完全ガイド[ver 2.12/2.11対応] ECサイト構築・カスタマイズ・運用のすべて
オープンソースECサイト構築ソフトEC‐CUBE公式ガイドブック―最新Ver2.13対応
EC-CUBE 実践カスタマイズ

PHP、セキュリティ修正版が登場

PHPデベロップメントチームは2月19日、サポートしているすべてのバージョンのPHPに対して最新版をリリースした。新しいバージョンでは複数のバグが修正されているほか、2つの脆弱性(CVE-2015-0235、CVE-2015-0273)が修正されており、PHPデベロップメントチームはすべてのユーザへ対して修正が実施された最新版へのアップグレードを推奨している。

PHP逆引きレシピ 第2版

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php