トップ  »  スポーツ  »  ペレ氏「メッシはC・ロナウドより上だが私と比べると

ペレ氏「メッシはC・ロナウドより上だが私と比べると

元ブラジル代表のペレ氏は、バルセロナFWリオネル・メッシは過去10年間を通して最も安定した活躍を見せてきた選手であるとして、 レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドを上回っていると主張した。 22日に行われるリーガエスパニョーラ第28節のクラシコでは、現代サッカー界を代表する両雄がまたも激突。 過去7年間のFIFAバロンドールを独占している両選手の比較論も絶えることがない。

ロンドンを訪れたペレ氏の、メッシとC・ロナウドについての発言を各国メディアが伝えている。「リオネル・メッシは過去10年間を通して最もコンスタントだった選手だ。 実際のところ、クリスティアーノとの比較について質問されても少しアンフェアなことだと思える。2人は異なる種類の選手だからだ」 「クリスティアーノを見ると、ブラジルのロナウドを思い出すよ。

彼に2014年バロンドールを贈呈したのは私にとって本当に喜ばしいことだった。 だが、全体的にはメッシの方が彼を上回っている」 一方で、サッカー史上最高の選手の一人とされる自分自身とメッシとの比較についてはペレ氏は次のように述べた。「彼は私とほぼ同じくらいだね。私の方がヘディングはうまかったし、両足で蹴ることもできたがね。 メッシは左足に頼ることが少し多い傾向があるようだ」

神山雄一郎(47) 最年長G2優勝

神山雄一郎 最年長G2優勝「共同通信社杯・G2」(29日、防府)決勝11Rは神山雄一郎(47)=栃木・61期・SS=が1着。2011年7月に松山競輪場で開催されたサマーナイトフェスティバル以来のG2制覇を果たした。47歳でのG2優勝は史上最年長記録。山田久徳(京都)-稲垣裕之(京都)-神山が残り2周の赤板ホームから先行。稲垣が最終1角から番手まくり。新田祐大(福島)は4番手から山崎芳仁(福島)と再連結しながら2角でまくり上げるが、最後は稲垣の内から直線を伸びた神山が優勝した。新田、稲垣は2、3着。「山田君、稲垣君が頑張ってくれた。最後はどこにゴール線があるのか分からないぐらいだった」と神山は汗を拭った。表彰式では2015年度競輪イメージキャラクターを務める女優でタレントの柳ゆり菜(21)から花束を受け取り「いいにおいがしました」と正直な感想を漏らして照れ笑いした。http://www.daily.co.jp/newsflash/horse/2015/04/29/0007967349.shtml

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php