トップ  »  スポーツ  »  FIFA汚職事件

FIFA汚職事件

6月1日、南米サッカー連盟のメイズネル事務局長はアルゼンチンのラジオ番組のインタビューの中で、2016年にアメリカで開催されることになっているサッカーの「コパ・アメリカ」特別大会が、今回の事件の余波によって中止に追い込まれる可能性について語り、「現段階では開催に大きな疑問符がつく。当初の計画通りに事が進むとは誰も言えない」とした

被告大半は中南米出身 南米選手権に黄信号も 毎日新聞

FIFA会長が辞任へ 後任選びの臨時総会12月にも

「FIFAとサッカーに最善のことだけをしたい」と述べ、「FIFAのメンバーに(会長の)任務を与えられたが、ファンや選手らを含むすべてのサッカー界から与えられた任務ではないと感じた」として、今回の汚職事件の責任をとるべきという外部の意見に配慮した形となった。しかし、12月のFIFA会長選までブラッター氏が会長職を務めることについては6月5日にFIFAのヨハンソン元副会長が「彼はすぐに去るべきだ。われわれはクリーンであることを求められている」と述べたり、汚職を監視しているNGO法人のトランスペアレンシー・インターナショナルも「ブラッター会長は新しいFIFAを監督することはできない。今退陣すべきだ」との声明を発表したりと、早期退陣を求める意見がある

jiji

「すぐに去るべきだ」FIFA会長辞意のブラッター氏に早期退陣要求高まる サンケイスポーツ

ブラッター会長が受け取る退職金が1020万ポンド(日本円でおよそ19億4820万円)、年金の方も40万ポンド(日本円でおよそ7640万円)となっていて、これを報じた6月5日付のイギリスの新聞であるザ・サンは「汚職疑惑の責任を取らされる形で辞任するにもかかわらず、超破格の退職金などを受け取れば、サッカー・ファンのさらなる怒りを買うだろう」と指摘している{{Cite news |title= ブラッター会長、FIFA退職金19億円!超破格待遇に反発必至

スポーツ報知

これについては、5月29日に行われたFIFA総会にてFIFA副会長の就任を承認されたものの、「ブラッター会長の指導力を信頼できない」という理由で5月30日に辞意を示していた、イングランドサッカー協会のギル氏がFIFA副会長の復帰を考えることをイングランドサッカー協会の公式サイトにて明らかにし、「私の辞任は公式に承認されておらず、FIFAに明るい未来をもたらす手助けを喜んでしたい」とした

ギル氏がFIFA副会長復帰を再考 ブラッター会長辞任を受け 日本経済新聞

FIFA汚職事件

露大統領、FIFA幹部逮捕で米国批判 「狙いは会長再選の阻止」

露大統領、FIFA幹部逮捕で米国批判 「狙いは会長再選の阻止」

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は28日、米当局の捜査に基づき国際サッカー連盟幹部らが逮捕された事件について、米国の狙いはFIFAのジョセフ・ゼップ・ブラッター会長を失脚させることにあると批判した。

このページの先頭へ

立候補プラティニ氏、FA会長も支持表明

立候補プラティニ氏、FA会長も支持表明

イングランド協会(FA)のダイク会長が29日、来年2月に行われる国際サッカー連盟(FIFA)の会長選挙に立候補した欧州連盟(UEFA)のプラティニ会長を支持すると表明した。

このページの先頭へ

米当局、FIFA不正資金の扱いで銀行を調査

米当局、FIFA不正資金の扱いで銀行を調査

米検察、規制当局は、国際サッカー連盟(FIFA)内部の汚職疑惑に絡み、大手銀行による資金の取り扱いに関する調査を強化している。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php