トップ » 太宰治

太宰治

"走れメロス""斜陽""人間失格"など、数々の名作を生み出した作家 太宰治。幼いころから秀才とうたわれ東京帝国大学(現・東京大学)に入学するも、講義にはほとんど出席せずに中退し、憧れていた創作の道に進んだ作家の生涯

井伏鱒二、芥川龍之介に憧れて、小説の創作を始める

作家として本格デビューを果たし、数々の名作を世に送り出す

人間の存在を直視した濃厚な作品から、軽妙でユーモラスなものまで、幅広い作風が持ち味です。代表作の一つである"女生徒"では、14歳の女生徒の一日を独白体でつづり、思春期の少女が持つ自意識の揺らぎと、厭世的な心理を描いて、川端康成氏たちから評価されました。
"走れメロス"では、命をかけて友情を守ったメロスを通じて、人の心を信じられない王に、信頼することの尊さを悟らせる物語を展開し、"人間失格"では、自身の生涯をモチーフに、本当の自分を誰にもさらけ出すことができない男の人生を描きました。

代表作"人間失格"の連載が開始された月に、玉川上水に身投げして39年の生涯を終えた太宰治。完成したものとしては最後の作品にあたる"人間失格"は彼の死後、現代に至るまで、日本文学史上に残るベストセラーとなりました。

太宰治 1909‐1948

小説家。本名津島修治。青森県金木町(現・五所川原市)の生れ。津島佑子は娘。東大仏文科中退。井伏鱒二に師事、1936年(晩年)で認められた。第2次大戦後、(ビヨンの妻)(斜陽)(桜桃)等は世評高く、坂口安吾、織田作之助らとともに無頼派の代表作家とされる。敗残の青年に仮託された自画像ともいわれる(人間失格)を残して、玉川上水に入水自殺。遺体の発見された6月19日(誕生日でもある)は桜桃忌と呼ばれ、毎年多くのファンが東京都三鷹市の禅林寺に墓参りする。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php