トップ » ヘンリー・フォード

ヘンリー・フォード

アメリカの大手自動車メーカー、フォード・モーターの創業者であるヘンリー・フォード。組立ラインを活用した大量生産方式を導入し、安く質素だが頑丈で自動車史にも残る名車"T型フォード"を世に送り出し、一般家庭にも自動車を普及させた彼。"エンジン"に対する思いを形にし続けた偉大な実業家の生涯

家業の農業を継ぐことを拒否し、エンジニアとしての人生を選択

自動車の開発に成功し、2度の失敗を経て"フォード・モーター"を創業

幼いころから機械に興味があり、10代で父親から誕生日プレゼントにもらった時計を分解して研究し、独学で修理までできるようになりましたし、エンジンに出会ってからはエンジンの自作も試みました。
発明王エジソンの会社でエンジニアとして働きましたが、エンジンへの情熱は収まらず、仕事とは別に個人でエンジンの開発を続けました。エジソンの会社では、チーフエンジニアへと昇格も果たしましたが、エンジンの開発を実現させるために独立の道を選びました。

13歳の時にエンジンを見てから、そのとりことなり独学で実験を重ねてきた技術者ヘンリー・フォード。
製品の品質を守るために、当時の平均週給の約2倍である5ドルで工員を雇い、かつ製品の価格を下げるといった当時では考えられない経営を実践。賃金を上げて、価格を下げることによって、自社の社員が顧客となって自社製品を購入するようになったのだとか。

フォード 1863‐1947

米国の自動車製造業者。富裕な農場主の子で、機械技師となった。1892年2気筒(のち4気筒)ガソリン機関の自動車をつくり、1903年フォード・モーター社を設立、大量生産方式で自動車を大衆化した。利潤分配制、8時間労働、最低賃金制など独自の経営方式を採用、労使共栄を主張する彼の理念は(フォーディズム)と呼ばれた。
労働組合や F. ローズベルトの NIRA 政策への反対でも有名。フォード財団、病院なども設立。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php