トップ » ジョン・フィッツジェラルド・ジャック・ケネディ

ジョン・フィッツジェラルド・ジャック・ケネディ

アメリカ合衆国第35代大統領、JFKことジョン・フィッツジェラルド・ジャック・ケネディ。選挙で選ばれた大統領としては歴代最も若く、アイルランド系アメリカ人として初の大統領。
そして、ピューリッツァー賞を受賞した唯一の大統領でもあります。キューバ危機、ベルリンの壁の建設、公民権運動などが起った激動の時代、アメリカのリーダーとして国の舵を取った政治家

海軍入隊を経て、下院議員として政治家デビュー

政治家としてキャリアを積み上げ、ホワイトハウスへ

ハーバード大学を卒業する前年にヨーロッパを旅した際、駐英大使であった父から"各国の情勢を肌で感じて来て報告をしろ"と言われ、第二次世界大戦前夜のヨーロッパを実際に歩き回って身につけた観察眼が、後の政治家時代に役に立ちました。
魚雷艇の艇長時代には、日本の海軍艦隊の輸送業務を妨害する任務中、敵の船と衝突。自分たちの魚雷艇は沈没し、隊員とともに漂流しましたが、私の機転で乗り切りました。その功労が認められ、合衆国陸海軍勲章や名誉負傷章を授与されました。
また、上院議員時代に出版した著書"勇気ある人々"で、ピューリッツァー賞を受賞しました。歴代アメリカ大統領で、同賞を受けたのは先にも後にも、私一人です。

ニューヨークにあるケネディ国際空港や、ヒューストンにあるNASAのケネディ宇宙センターに、その名を残すジョン・F・ケネディ。ニューフロンティア政策の一環として立ち上げた"アポロ計画"の結末を見届けることなく、1963年午後12時30分、テキサス州ダラスで銃弾に倒れ、任期途中に亡くなりました。暗殺事件はいまだなお、謎とされている部分もあり、映画の題材などにもなっています。

ケネディ 1917‐1963

米国の政治家。第35代大統領(1961年―1963年)。アイルランド系の名門の出身。民主党。1946年下院議員、1952年上院議員、1961年米国史上初のカトリック系の大統領となり、ニューフロンティアの政策を掲げて国内的には革新的気分を高め、外交面ではベルリン問題、キューバ危機などでソ連のフルシチョフと対立しながらも、米ソ和解の道を模索した。1963年遊説旅行中テキサス州ダラスで暗殺された。
弟ロバート・ケネディ〔1925-1968〕は兄の側近として活躍、兄の死後ベトナム戦争批判派として大統領選挙遊説中ロサンゼルスで暗殺された。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php