トップ » チャールズ・リンドバーグ

チャールズ・リンドバーグ

大西洋単独無着陸飛行に初めて成功したアメリカ人パイロット、チャールズ・リンドバーグ。"スピリット・オブ・セントルイス"と名付けたプロペラ機で、ニューヨーク~パリ間を33時間30分で飛行し、世界的な名声を得た"空の英雄"の半生

パイロットのスキルを身につけ、大西洋無着陸横断飛行に成功

大西洋無着陸横断飛行に成功した要因は"パイロットとしての技量"と、"正確で緻密なルートマップの作成"によるものだと考えています。"パイロットとしての技量"に関しては、飛行学校をトップの成績で卒業し、飛行学校在学中に購入した中古の飛行機で航空ショーに参加し"命知らずの空中軽業師"と名を馳せ、腕には自信があります。
そして"正確で緻密なルートマップの作成"に関しては、飛行する大西洋の情報を徹底的に収集・分析し、位置ごとに方向の修正情報を書き入れました。大西洋無着陸横断飛行に使用した飛行機は、レーダーもなく、前方が視認できない構造だったため、左右視界のみの飛行となり、正確で緻密なルートマップは必要不可欠でした。

大西洋無着陸横断飛行に成功し、一夜にして英雄となったチャールズ・リンドバーグ。その後は、航空機製造会社や政府の航空機関係の技術顧問を歴任し、51歳のときに出版した伝記で、ピュリツァー賞を受賞しました。

リンドバーグ 1902‐1974

米国の飛行家。ウィスコンシン大学を中退して飛行学校に入り、郵便飛行士となる。1927年5月20~21日、ライアン単葉機スピリット・オブ・セント・ルイス号により、単身ニューヨーク~パリ間の大西洋横断飛行に成功、一躍国民的な英雄とされた。以後も航空界で活躍、1931年には夫妻で北太平洋を横断飛行し8月霞ヶ浦に飛来。第2次大戦では陸軍省顧問となり、戦後准将。なお1932年長男が誘拐(ゆうかい)され殺害された事件は全米に衝撃を与え、子女誘拐犯に死刑を科する、いわゆるリンドバーグ法制定のきっかけとなった。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php