トップ » ミケランジェロ

ミケランジェロ

ルネサンス期のイタリアの彫刻家、画家、建築家ミケランジェロ。情熱的で独特な作風は後続の芸術家たちの模範となり、その多才さから、レオナルド・ダ・ヴィンチと共に、ルネサンス期の典型的な"万能人"とされています。
存命中は"神から愛された男"と呼ばれることすらあり、当時の人々からも"偉人"として畏敬の念を持って見られていた。

画家としてキャリアをスタートさせ、メディチ家の庇護下で彫刻を学ぶ

"ダヴィデ像""システィーナ礼拝堂天井画"など、代表作を制作

それまで、巨人の頭を足元に置き、手には剣を持った、いわゆる勝者の姿で制作されるのが伝統だった"ダヴィデ像"を、決戦に臨む前の緊張感にあふれた、一瞬の姿を克明に捉えて彫り上げました。"ダヴィデ像"は私の代表作の一つです。彫刻家、画家として多くの作品を制作しました。

また、絵画の代表作の一つ"システィーナ礼拝堂天井画"では、カトリック的要素と人文主義的要素とを、視覚的に矛盾なく見えるように描き込みました。当時のイタリア、特にフィレンツェでは、古典文学と人文主義への関心が強く、私も青年期にメディチ家が設立した人文主義アカデミーに通い、人文主義的な彫像などにも親しんでいました。

現在でも、西洋美術史上における"最高の芸術家"の一人とされている、ミケランジェロ。建築家としても才能を発揮し、71歳のときには、サン・ピエトロ大聖堂の主任建築家の後任者に選ばれ、断ったものの押し切られる形で引き継ぎ、その後死ぬまでの17年間を大聖堂建築に捧げました。

ミケランジェロ 1475‐1564

イタリアの彫刻家、画家、建築家。レオナルド・ダ・ビンチ、ラファエロとともにイタリア盛・後期ルネサンスの代表的芸術家。フィレンツェに近いカプレーセに生まれ、フィレンツェに出て、1488年ギルランダイオの工房で絵画を学び、翌年彫刻家ベルトルドに師事。1490年―1492年ロレンツォ・デ・メディチの庇護を受け、メディチ家に出入りする多くの芸術家、学者、人文主義者と交わり、フィチーノらから新プラトン主義の洗礼を受けた。その後、ボローニャ、ベネチア、ローマに旅し、以後フィレンツェとローマで活動。
彫刻は、ドナテロ流の力強い写実性と古典古代の理想主義との融合を特色とし、フィレンツェ市庁舎の前に立てた(ダビデ)(1501年―1504年、フィレンツェ、アカデミア美術館蔵)、教皇ユリウス2世の墓廟に刻した(モーゼ)(1515年ころ、ローマ、サン・ピエトロ・イン・ビンコリ聖堂蔵)、フィレンツェのサン・ロレンツォ教会内メディチ家礼拝堂のためのロレンツォおよびジュリアーノ・デ・メディチの肖像(1525年―1534年ころ)と4部作(夜)(朝)(昼)(夕)(1524年―1531年)などが代表作。絵画では、バチカン宮殿のシスティナ礼拝堂の天井画(1508年―1512年)や同礼拝堂の祭壇壁画(最後の審判)(1535年―1541年)が名高い。
建築ではサン・ピエトロ大聖堂の大ドーム設計とカンピドリオ丘上広場の整備計画などが知られる。これらの彫刻、絵画、建築作品は、ルネサンス芸術の最高峰であると同時に、激しい表現性のゆえにバロック芸術の先駆ともなった。なお、詩作もよくし、多くのソネットを残した。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php