トップ » 三原脩

三原脩

"魔術師""知将"の異名をとった日本球界の名監督 三原脩。1リーグ制時代と、2リーグ分立後のセ・リーグおよびパ・リーグの球団で日本一に輝いた唯一の人物で、監督としての3248試合出場は、現在も日本プロ野球記録です。
読売ジャイアンツの前身である"大日本東京野球倶楽部"とプロ契約した第1号の選手でもある、プロ野球界伝説の監督の半生

ジャイアンツ契約第1号選手となるも、戦争の影響を受け3年で引退

名監督への第一歩を踏み出す

選手の調子・ツキを見逃さず、周囲の予想を超える選手起用・戦術で、日本野球連盟時代、2リーグ分立後のセ・パ両リーグ、それぞれの球団で日本一になりました。一流ではないが守備や打撃など、一芸に秀でた選手を"超二流"と称してうまく活用し、偵察メンバーやワンポイントリリーフなどさまざまな戦術を駆使した手腕は"三原マジック"として驚嘆され、"魔術師""知将"とも呼ばれていました。
最終的に、監督として26年間、5球団で指揮を執り、3248試合出場というプロ野球記録を打ち立てました。

"野球は筋書きのないドラマである""まだ首の皮一枚でつながっている"など多くの名言も残した三原脩。1960年には、前年まで6年連続最下位だった大洋ホエールズの監督に就任し、巧みな選手起用で球団史上初の日本一を獲得しました。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php