トップ » フローレンス・ナイチンゲール

フローレンス・ナイチンゲール

近代看護教育の母とも呼ばれるイギリスの看護師、看護教育学者のフローレンス・ナイチンゲール。看護師としてクリミア戦争に従軍し、看護に初めて統計学を持ち込み、イギリスにおける統計学の基礎を築いた女性の生涯

看護師としての従軍経験を活かし、看護を取り巻く環境を改革

看護師としての実働期間は1853年~1856年の3年間ですが、その間の経験から看護師の実務や育成、衛生的な病院のあり方などを、統計学を駆使した緻密なデータで発表し、"近代看護"だけでなく"統計学"の基礎も築きました。
特に、"看護覚え書"では、看護について"新鮮な空気、暖かさ、清潔さといった環境を整え、食事内容を管理し、患者の生命力の消耗を最小にするように整えること"と定義し、看護の現場での注意点などを詳細に著しました。
また、"病院覚え書"では、患者1人の療養空間として必要な面積や、ベッドの高さ、ベッド間の距離についても、理想的な計算値をはじき出しました。ナイチンゲール病棟と呼ばれる私が考案した病院建築は、その後各国の病院で取り入れられました。

クリミア戦争に従軍していた1857年、37歳のときに心臓発作で倒れたナイチンゲール。その後は慢性的な虚脱状態に悩まされ、死去するまでの約50年間、ほとんどの時間をベッドの上で過ごし、本の原稿や手紙を書くことが活動の柱となりました。

ナイチンゲール 1820‐1910

英国の看護婦。1854年クリミア戦争に際し、篤志看護婦を率いて野戦病院で活躍。帰国後、ロンドンの著名な病院聖トマス病院にナイチンゲール看護学校を設立するなど、多くの病院・施設の開設や改善に努力し、近代的看護技術の開拓者となった。1920年彼女の業績を記念してフローレンス・ナイチンゲール記章が制定され、隔年に国際赤十字委員会から各国の功労ある看護婦に授与されている。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php