トップ » ウラジーミル・レーニン

ウラジーミル・レーニン

ロシアの政治家であり、革命家としても名を馳せた、ウラジーミル・レーニン。世界で初めて成功した社会主義革命である"ロシア革命"において、主導的な役割を果たした彼の半生

マルクス主義運動家としてキャリアをスタート

ロシア革命を成功へと導く

10代のころに、カール・マルクスの著書と出会い、以後、社会主義革命を目指し、運動を続け、史上初の社会主義国家である、ソビエト連邦およびソ連共産党の初代指導者を務めました。マルクス主義(共産主義)理論の研究と普及にも尽力し、後日、マルクス・レーニン主義という体系にもまとめられました。

ロシア革命を成功へと導き、歴史上初の社会主義国家である"ソビエト社会主義共和国連邦"の土台を作ったレーニン。学業の成績は抜群だったそうで、法律の国家検定試験では、134人中1位という成績を残したのだとか。また、言語に関する成績もトップクラスで、ギリシャ語、ラテン語、ドイツ語、英語、フランス語を習得していたそうです。

レーニン 1870‐1924

ロシアのマルクス主義革命家、ソ連邦の建設者。本名ウリヤーノフ Ul yanov。ボルガ河畔シンビルスク(彼の本名にちなみ、一時ウリヤノフスクと改称)に生まれ、17歳で革命運動に参加。1895年ペテルブルグに労働者解放闘争同盟を結成したが、逮捕されシベリアに追放(1897年―1900年)、流刑中にクループスカヤと結婚。1899年ロシアに資本主義の到来する必然性を立証した(ロシアにおける資本主義の発達)を書いて闘争の方向を明示し、空想的なナロードニキに反対した。1900年スイスに亡命して非合法機関紙(イスクラ)を発刊し、新しいマルクス主義革命政党の結成に努力、1903年ロシア社会民主労働党の第2回大会でボリシェビキを形成した。
1905年第1次ロシア革命時に帰国して革命を指導、ブルジョア革命の社会主義革命への転化、武装蜂起(ほうき)や労働者・農民の革命的民主主義的独裁を訴えた。革命敗北後1907年再び亡命して日和見(ひよりみ)主義とたたかい、マルクス主義哲学は古いとして、自然科学の進歩を観念論的に解釈する哲学を論破した(唯物論と経験批判論)(1909年)を著す一方、新聞(プラウダ)を通じて運動を指導した。第1次大戦期には帝国主義戦争を内乱へ転化せよと主張、(帝国主義論)(1917年)で帝国主義の本質を分析し、また国家の本質を暴露した(国家と革命)を書いた。1917年二月革命後に(封印列車)で帰国、四月テーゼを発表して党を指導、十月革命に成功。世界最初の社会主義国家を樹立、その首班となった。
直後の干渉戦争とたたかい、ネップの採用で経済的基礎を固めた。他方、1919年第三インターナショナル(コミンテルン)を組織して国際革命運動を指導。1922年病に倒れるなかで、民族問題における大ロシア排外主義をきびしく戒め、スターリンを党書記長から解任するよう求める(遺言)を起草した。マルクス主義を帝国主義の条件にあてはめて創造的に発展させた革命家と評されている。ペレストロイカ、ソ連邦崩壊をへてその評価の見直しも始まっている。関連マルクス=レーニン主義

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php