トップ » 豊臣秀吉

豊臣秀吉

農民の子から天下人へと大出世を果たした戦国時代の武将 豊臣秀吉。実績を上げれば誰でも出世できる織田家を象徴する人物であり、信長が推し進めていた検地や刀狩、楽市楽座、関所の廃止などを受け継いだ愛弟子とも言える存在です。
一方で、日本全国の税制を石高制に統一し、身分の確定と兵農分離を推進し、百姓の逃散禁止、貨幣鋳造など、江戸幕府に継承された政策の創始者でもあります。江戸時代の基礎を築いた人物とも言われる戦国時代の政治家の半生

織田家中で出世を続け、清洲会議で織田信長の実質的な後継者となる

支配下に置いた土地で、身分や実績の有無にとらわれず、有能な人材を次々に登用したことにより、織田家中で出世することができました。私が登用したのは、美濃国の竹中半兵衛、播磨国の黒田官兵衛、近江国の石田三成らで、戦略や戦術、政略を担当した彼ら軍師の活躍により、多くの戦功、功績を上げることができました。
私は"人たらしの天才"とも称されるほど、対人関係の構築が得意です。主君織田信長には"猿"という愛称でかわいがられ、清洲会議でも、池田恒興や丹羽長秀ら織田家重臣の支持を得ました。また、墨俣城を短期間で完成させたり、"本能寺の変"の勃発直後、岡山から京都までの約200kmを約10日間で軍を移動させたりと、不可能だと思われていたことに挑戦し、それを成功させたことで地位を築いたと自負しています。

清洲会議ののち、対立関係となった柴田勝家を討ったことにより、実質的な織田信長の後継者となった豊臣秀吉。信長と同盟関係にあった有力大名・徳川家康に頭を下げて配下に加わってもらったことによって、一気に天下統一を成し遂げました。

豊臣秀吉 1536‐1598

安土桃山時代の武将。織田信長の足軽木下弥右衛門の子。尾張(おわり)中村の生れ。初め木下藤吉郎のち羽柴筑前守。1558年信長に仕え、しだいに重用されて1573年近江(おうみ)を与えられ長浜城主。本能寺の変後、明智光秀、柴田勝家を倒し、信長の後継者としての地位を獲得。
四国征伐・九州征伐を行い、1590年には小田原北条氏を滅ぼして天下統一を完成。さらに文禄・慶長の役で朝鮮に軍を送ったが失敗した。この間、1585年関白、1586年太政大臣となり豊臣の姓を賜った。織田信長の政策をほぼ継承するが、太閤(たいこう)検地の施行、刀狩などの画期的な新政策で近世封建社会の基礎を確立。関連 織豊政権/関連 兵農分離/関連 徳川家康

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php