トップ » 板垣退助

板垣退助

"板垣死すとも自由は死せず"で有名な、自由民権運動の主導者で明治期の政治家 板垣退助。土佐藩の軍事責任者として明治新政府の成立に貢献し、その後は議会制の設立に尽力した政治家の半生

勤王の志士として、土佐藩を率いて倒幕に参加

明治新政府に対する野党的存在として、議会制導入を推進

土佐藩の軍事責任者時代には、西洋の兵術を取り入れて軍制改革を行い、藩主である山内容堂に尊皇攘夷論を唱え、佐幕派であった土佐藩全体を倒幕派へと導きました。
また、参議を辞任してからは、政治団体を結成して"民撰議院設立建白書"を提出するなど、立憲政体樹立・三権分立・二院制議会確立に尽力しました。帝国議会発足後は、第2次伊藤内閣や、第1次大隈内閣などで内務大臣を経験しました。

二院制議会開設のために奔走した板垣退助ですが、天皇から貴族となるように勧められ、断り切れず伯爵位を受けて貴族となり、衆議院選挙には、立候補ができなくなりました。さらに、貴族院議員になることは辞退したので、自身が議員になることはありませんでした。

板垣退助 1837‐1919

明治の政治家。土佐高知藩出身。旧姓は乾(いぬい)、名は正形。会津戦争の功績で、戦後藩政の改革を主導。1871年参議。1874年愛国公党を組織し、民撰議院設立建白書を提出。
1875年大阪会議で参議になるが、下野し民権運動を推進。1881年自由党の党首。1884年運動の激化で解党し、板垣の政治生命は事実上終わるが、1898年大隈重信とともに隈板(わいはん)内閣を組織し、その内相を務めて引退。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php