トップ » ヘミングウェイ

ヘミングウェイ

"老人と海""日はまた昇る"などの名作を世に送り出した、アメリカの小説家、アーネスト・ヘミングウェイ。映画史に残る名作
とされている"誰が為に鐘は鳴る""武器よさらば"などの原作者でもある、彼の半生

学校新聞の編集スタッフとしてキャリアをスタートさせる

ジャーナリストとして活躍しながら創作を続け、"日はまた昇る"を出版

父の影響で、幼いころから釣りや狩猟を習い、高校時代にはボクシングに打ち込みました。そのほかにも、第1次世界大戦への従軍経験や、スペイン内戦での特派員としての経験などを、創作のモチーフとし"行動派の作家"とも称されています。
また、簡潔な文体を用いた小説のスタイルは、ハードボイルド文学の原点とも言われています。1890年代に生まれ、青春を第1次世界大戦で過ごした世代の、荒廃した生活を描いた"日はまた昇る"は、スコット・フィッツジェラルドの"グレート・ギャツビー"と並んで、ロストジェネレーションの代表作とされています。

1952年に代表作"老人と海"を発表したヘミングウェイ。年老いた漁師とカジキマグロの勝負、という単純な内容でありながら、彼はこの作品で、発表の翌年に"ピュリツァー賞"を、さらに1954年には、"ノーベル文学賞"を受賞しています。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php