トップ » 信長の野望 本能寺の変と信長・光秀

信長の野望 本能寺の変と信長・光秀

信長の野望のゲームで有名な織田信長ですが今回はなぞが深まるばかりの本能寺の変についてwikipediaの記事を引用参考にしながら見てゆきたいと思います。
まず本能寺の変とは1582年明智光秀がその主織田信長を京都本能寺に襲撃した事件。光秀は,中国出陣の途中本能寺に止宿していた信長を攻囲し自殺させ,信長に代わって天下に号令せんとしたが羽柴秀吉に敗れた。

本能寺の変 wikipedia

本能寺の外観 当時の本能寺は無防備な寺ではなかった。1580年(天正8年)年2月に本堂の改築が施され、堀・土居・石垣・厩を新設するなど『真説 本能寺の変』所収 和田 裕弘論文ISBN 4-08-781260-X(ISBN-13 978-4-08-781260-2)、防御面にも配慮され、ちょっとした城塞のような城構えを持っていた。2007年に本能寺跡の発掘調査が行われた際、本能寺の変と同時期のものと見られる大量の焼け瓦と、護岸の石垣を施した堀の遺構が見つかっている

「本能寺の変」の焼け瓦発見 旧寺跡で 堀や石垣も京には明智屋敷もあり、河内将芳は、「信長が本能寺に、信忠が妙覚寺に、それぞれいることが判明しなければ、光秀は襲撃を決行しなかっただろう」という見解を述べている

信長と光秀

wikipedia

5月29日 (旧暦)|29日、信長は安土城を留守居衆と御番衆に託すと、「戦陣の用意をして待機、命令あり次第出陣せよ」と命じて、供廻りを連れずに小姓衆のみで上洛。同日、京での定宿であった本能寺に入った|信長はかつては妙覚寺を寄宿先としていたが、1580年以降はかつての宿所であった本能寺を寄宿先に戻し、代わりに信忠が妙覚寺を寄宿先として使用するようになった河内・258頁。信長の上洛の理由はよくわかっていないが、勧修寺晴豊の『日々記』や信孝朱印状によると、実現しなかったものの、6月4日に堺から淡路へ訪れる予定であったと云い、このことから毛利攻めの中国出陣は早くとも5日以降であったと推測され、安土より38点の名器をわざわざ京に運ばせていたことから道具開きの茶会で披露するのが目的だったと考えられるが、作暦大権に関して朝廷と交渉する目的だったという説もある。

6月1日 (旧暦)|6月1日、信長は、前久、晴豊、甘露寺経元ら公卿・僧侶、博多の豪商島井宗室ら40名を招き、本能寺で茶会を開いた。別の一説によれば、宗室が所持する楢柴肩衝が目当て何とか譲らせようとしていたとも言われる。名物びらきの茶事が終わると酒宴となり、妙覚寺より信忠が来訪して信長・信忠親子は久しぶりに酒を飲み交わした。深夜になって信忠が帰った後も、信長は本因坊算砂と鹿塩利賢の囲碁の対局を見て就寝した。

光秀単独犯説

wikipedia

江戸前期から中期の書物では、『明良洪範』 |和書|真田|増誉 |明良洪範 : 25巻 続篇15巻|国書刊行会|

ndl

国立国会図書館デジタルコレクション}}に「明智日向守虐心は、数年心掛し事なりとぞ。逆心前一年に、天下を取て後に、方々へ申付候事共を、筆記し、朱印を押したる書物、延宝四年に評定所へ出たる事ありしと」|徳富|1935|光秀に事前の計画があったような記述があり、『老人雑話』 |和書|国民文庫刊行会 |老人雑話 |雑史集|国民文庫刊行会 |

ndl

国立国会図書館デジタルコレクションには「明智、亀山の北、愛宕山の続きたる山に城郭を構ふ。此山を周山と號す。自らを周武王に比し、信長を殷紂に比す。是れ謀反の宿志也」と野望逞しいさまの記述があった。この種の俗書は幾つかあるが、これらは光秀=謀反人という論調であって下克上の野望は肯定的に評価されていなかっ。野望説の根拠ともされる#愛宕百韻|愛宕百韻の連歌の解釈に異論が唱えられているのも、先入観を持った解釈だという批判があったからである。

儒教思想の薄れた戦後、戦国史研究の権威であった高柳光壽は、改めて野望説を主張して、怨恨説の主張がいずれも後年の創作に依拠したものとして史実とは認められないと否定した。高柳は「光秀は信長と争い得る兵力はない。けれども機会さえあれば信長を倒し得ないことはない。今やその機会が与えられたのである」と、変直前の信長の油断した状況がこれを可能にしたと論じた。また(性格的な不和が原因とする説に反論して)『フロイス日本史』の記述などから武将として合理的な性格の光秀と信長との相性も良かったはずだとも主張した。野望説は現在も、前述した謀略説批判論者の藤本正行や鈴木眞哉などが(怨恨説の一部を含めて)支持しているが、肝心の動機に関して光秀の心に秘められた野望に依存するだけなので、根拠とすべきものは存在しない。

山崎の戦

1582年山城国山崎(京都府大山崎町)における羽柴(豊臣)秀吉と明智光秀の合戦。本能寺の変ののち秀吉は急ぎ毛利氏と和睦(わぼく)し東上、光秀はこれを山崎で迎撃したが敗れ、敗走の途中土民に殺された。秀吉はこの勝利で織田信長の後継者としての基礎を固めた。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php