トップ » モーツァルト

モーツァルト

セレナーデ"アイネ・クライネ・ナハトムジーク"や交響曲"ジュピター"、ピアノソナタ"トルコ行進曲"など、多くの名曲を世に残した作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。父による幼いこ
ろからの英才教育も手伝い、5歳にして作曲するという早熟ぶり。しかしその生涯はわずか35年と短いものでした。ベートーヴェンをはじめ、後の音楽家にも大きな影響を与えた天才作曲家の半生

神童としてヨーロッパの宮廷にその名を轟かせ、宮廷音楽家となる

宮廷音楽家を辞め、フリーの音楽家として数々の名曲を作曲

宮廷音楽家であった父親に音楽の基礎を習い、演奏家としてヨーロッパ各地を巡りました。演奏家として活動する傍らで、作曲家としても活躍しました。5歳で初めての作曲を行い、9歳の時には交響曲を書き上げました。作風としては、軽快なテンポの長調を得意とし、J・S・バッハやヘンデルといったバロック期の作品を研究して、自分の作曲にも活かしました。
また、短期間に作曲できるのも私の強みです。複雑な構成をしている交響曲を3日で書き上げたり、頭に浮かんだ第1楽章を楽譜に書き付けながら第2楽章を作ることができます。暗記力にも自信があり、イタリアを訪れた際には、システィーナ礼拝堂で聴いた門外不出の秘曲を、暗譜で書き記しました。

現代に至る長い間、人々から愛され続ける名曲を残したモーツァルト。7歳の彼の演奏を聴いたゲーテは、"文学におけるシェイクスピアに並ぶ"と思ったそうです。また、マリア・テレジアの御前で演奏した際には、宮殿の床で滑っ
て転んでしまった6歳のモーツァルト。手を差し伸べた7歳の皇女マリア・アントーニア(後のマリー・アントワネット)にプロポーズしたという逸話もあるそうです。

モーツァルト 1756‐1791

オーストリアの作曲家。作曲家レオポルト・モーツァルト〔1719-1787〕の末子としてザルツブルクに生まれる。幼時から天才ぶりを示し、5歳のときの作品も現存。1763年-1766年父に連れられてパリ、ロンドンなどを訪問、クラビーア演奏のかたわら音楽的見聞を広めた。
1768年にはジングシュピール(バスティアンとバスティエンヌ)を初演。1769年からザルツブルク大司教に仕えるが、同年から1771年まで第1回イタリア旅行、続いて半年後、さらに1772年にもイタリアに出かけ、ミラノでオペラ(ルチオ・シッラ)、モテット(エクスルターテ・ユビラーテ(踊れ、喜べ))などを作曲。帰郷後、交響曲第28~30番(1774年)、5つのバイオリン協奏曲(1775年)などを書く。
1777年-1779年に職さがしのためマンハイム、パリを訪れるが、道中で同行の母が他界し、職も見つからなかった。その間、(フルート協奏曲ト長調)(交響曲第31番(通称パリ))(ともに1778年)などを作曲。1781年ウィーンに出て自由の身となるが、生活はしだいに窮乏した。1782年には作曲家ウェーバーのいとこコンスタンツェ・ウェーバー〔1762-1842〕と結婚、1784年フリーメーソンに加入する。創作活動は生涯最高の高まりをみせ、オペラ(フィガロの結婚)(1786年)、(ドン・ジョバンニ)(1787年)、(コシ・ファン・トゥッテ(女はみんなこうしたもの))(1790年)、(魔笛)(1791年)、(交響曲第39番)(同第40番)(ジュピター交響曲(交響曲第41番))(いずれも1788年)、(クラリネット協奏曲)(1791年)、(クラリネット五重奏曲)(1789年)、弦楽五重奏曲第3~第6番(1787年-1791年)、F. J. ハイドンに献呈された弦楽四重奏曲第14~19番(ハイドン四重奏曲(ハイドン・セット))(1782年-1785年)、バイオリン、ビオラ、チェロのための(ディベルティメント変ホ長調)(1788年)などの代表作が次々と誕生するが、(レクイエム)を未完(のち弟子の F. X. ジュースマイヤーが完成)のまま35歳で死去。
舞台音楽24、交響曲約50、ピアノ協奏曲21、弦楽四重奏曲24を中心に、各種の協奏曲、ディベルティメント、室内楽曲、歌曲、宗教音楽などを数多く残し、F. J. ハイドンと並んで古典主義(古典派音楽参照)の確立者といわれる。作品は一般にケッヘル番号で整理される。関連交響曲/関連サリエリ/J. C. 関連バッハ

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php