トップ » ルノワール

ルノワール

印象派の画家として有名なピエール=オーギュスト・ルノワール。モネやセザンヌなど、美術史に名を残す画家たちと、新しい芸術運動を興した画家の半生

磁器の絵付職人の仕事を失い、画家を目指して活動を開始

印象派の画家として活躍し、数々の名作を生み出す

光の動きや変化の質感をいかに絵画で表現するかに重きを置いた、新しい絵画を探求した印象派の一人として、当時主流だった、写実主義などの細かいタッチとは異なる荒々しいタッチで対象を描き出し、事物から受け取るあいまいなイメージをそのまま描きました。
また、伝統的な絵画制作が、写生したスケッチをアトリエの中で作品として完成させる方法だったのに対し、屋外で自然から受けた第一印象を、その場でそのまま画面に描きました。

それまでの絵画の常識を覆した印象派の一人として名を残すルノワール。彼が参加した印象派の運動は、今でこそ高い人気と評価を誇っていますが、運動開始直後はまったく受け入れられず、印象派という呼び名も、モネが発表した"印象、日の出"を見た新聞記者が"なるほど印象的にヘタクソだ"と揶揄してつけられたものなんだとか。

ルノアール 1841‐1919

フランスの画家。リモージュ生れ。若くしてモネ、マネを知り印象派運動に参加。この時代の代表作に(ムーラン・ド・ラ・ガレット)(1876年、オルセー美術館蔵)や(舟遊びの人々の昼食)(1880年―1881年、ワシントン、フィリップス・コレクション)などがある。1880年代一時アングルに傾倒したが、その後、豊かな色彩で裸婦や風景を描いた。
代表作には他に(ぶらんこ)(1876年、オルセー美術館蔵)、(大水浴)(1887年、フィラデルフィア美術館蔵)、(ピアノに向う娘たち)(1892年、オルセー美術館蔵)などがある。次男ジャン・ルノアールは映画監督。また梅原竜三郎は弟子にあたる。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php