トップ » ベーブ・ルース

ベーブ・ルース

米メジャーリーグ伝説の名選手、ベーブ・ルース。ホームラン王のイメージが強いルースですが、実は投手としても活躍し、通算94勝を挙げています。通算714本の本塁打を放ち、その記録は約40年間にわたって破られなかった偉大な記録を持つベーブ・ルース。その生涯

更生施設で野球と出会った少年が、メジャーリーグで大活躍

ヤンキース移籍後、スラッガーとしての才能が一気に開花

年間50本以上ホームランを打つ打者はその後何人も出ましたが、私の現役時代は20本打つ選手もほとんどいない時代でした。そんな中、私が成し遂げた記録は別格でした。同じチームの選手全員の合計ホームラン数よりも、私1人が打ったホームランのほうが多かったのです。
ちなみに、生涯最長の打球飛距離は175メートルです。22年の現役生活で、ホームラン王12回、打点王6回、首位打者1回、MVP1回、最優秀防御率1回など、数多くのタイトルを獲得しました。通算ホームランは1974年にハンク・アーロンに抜かれるまで39年間メジャーリーグ最多を維持。そして1936年、第1回野球殿堂入りを果たしました。
更生施設同然の学校を出た私が、アメリカの野球史に名を残すことができたのです。

常に全米中の注目を集めていた大スター、ベーブ・ルース。派手好きで粗暴な性格だった半面、子どもが大好きで、ファンサービスに熱心だったそうです。
病弱なファンの少年とホームランを打つ約束を交わし、見事にホームランを打ってみせた話は有名です。人気実力ともに規格外な、文字通りのスーパースターですね。

ベーブ・ルース 1895‐1948

米国の野球選手。本名 George Herman Ruth。童顔のためベーブ Bebe(赤ちゃん)の愛称で親しまれた。初め投手としてボストン・レッド・ソックスに属し、1915年アメリカン・リーグ最優秀投手。1920年ニューヨーク・ヤンキースに移り、右翼手、3番打者として活躍した。1927年、年間本塁打60本の記録を樹立。アメリカン・リーグ本塁打王12回、終身本塁打数714、終身打率3割4分2厘。1934年全米選抜チームとともに来日。1936年野球殿堂入り。引退後ベーブ・ルース財団を設立して福祉事業を行った。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php