トップ » 高杉晋作

高杉晋作

"奇兵隊"の創設者でもある幕末の志士、高杉晋作。吉田松陰を師と仰ぎ、桂小五郎や久坂玄瑞と共に活動した彼は、明治期に活躍した伊藤博文や山縣有朋といった政治家たちの、若かりしころのリーダー的存在でもありました。明治維新を見ることなく28歳でこの世を去った革命家

松下村塾で学び、久坂玄瑞ら多くの仲間と知り合う

奇兵隊を結成し、長州藩の全権代表として連合国との講和を実現させる

身分に関係なく志を持った農民・町人による"奇兵隊"を結成しました。"奇兵"とは正規の武士を意味する"正規兵"の反対語に由来し、当時としては時代を先取りした革新的な考え方でした。
また、連合軍との講和の際には、講和談判をまとめあげ、長州藩を危機から救いました。敗者の立場でしたが、毅然とした態度で交渉に臨み、連合国側の要求である"賠償金300万ドルの支払い"を幕府に支払わせるなどの交渉をまとめ、合意を取り付けました。

1867年、結核により28歳という短すぎる生涯を終えた高杉晋作。辞世の歌"おもしろきこともなき世をおもしろく"は、幕末という激動の時代を駆け抜けた、一人の志士の思いが感じられる気がします。

高杉晋作 1839‐1867

幕末の尊攘(そんじょう)倒幕派の志土。長州萩藩士。名は春風。号は東行。変名は谷梅之助。松下村塾に入り久坂玄瑞とともに吉田松陰門下の俊英といわれた。1862年上海に渡航、帰国後尊攘運動に参加、1863年外国船の下関砲撃に際し奇兵隊を編制した。馬関戦争では連合艦隊との和議にあたった。
1865年藩内を改革し藩論を倒幕に向かわせたが、維新直前に病死。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php