トップ » 吉田松陰

吉田松陰

幕末の思想家であり、教育者である吉田松陰。松下村塾で明治維新で活躍した多くの志士を育てた人物として有名ですが、自身は大きな活躍ができないまま29歳で亡くなりました。
明治維新の精神的指導者・理論者として知られる"魂の人"の半生

長州藩の兵学教授として全国で学ぶも、友人との約束を守るために脱藩海外渡航を企てるも失敗。のちに松下村塾の主宰者となる

西欧各国のアジア進出のニュースを耳にし、日本の独立を守るためにはしきたりや古い考え方を捨て、多くの人と議論を交わす必要があると感じ、日本全国の志士を訪ね歩きました。そして、その道中では他国と戦う日のために、各地の地勢を研究しました。
松下村塾では高杉晋作、久坂玄瑞を筆頭に、伊藤博文、山縣有朋ら維新の志士、明治の元勲を数多く育てました。人間としての、また、日本人としての道を明らかにするという基礎の上に立ち、一人ひとりの個性、能力、境遇などに応じ、自己の働くべき分野、自己の使命を発見し、使命達成のための知性を磨き、学問に精進するよう指導に努めました。門人に対して厳しい規則で縛ったり、懲罰を加えたりはせず、信頼して自ら反省させ、考えさせるような、自由で開放的な雰囲気の中で、人間としての自覚を促し、人間性を高めさせました。

安政の大獄の際、証人として奉行所に喚問された吉田松陰。幕府の姿勢を正すために他人の裁判の場で自らの思想を語り、老中暗殺を計画していたことを告白し、それが原因で処刑されてしまいました。友人との約束を守るために脱藩の罪を犯し、海外渡航に失敗した際には幕府に自首するなど、自他に対して人としての道理を徹底した生涯だったといえるかもしれませんね。
また、門下生に対して平等の考えを説き、自らを"師"とは呼ばせず、誰に対しても"僕"と"君"でやり取りしたそうです。一人称としての"僕"、二人称としての"君"は、吉田松陰とその門下生が世に広め、現在に至ると言われています。

吉田松陰 1830‐1859

幕末の志士、思想家。長州藩の下級武士杉常道の子。名は矩方。通称寅次郎。10歳にして藩校明倫館で講義を行った。山鹿流軍学師範を務め、1851年江戸に出て佐久間象山に師事。ペリー来日を機に幕府へのいきどおりと尊王攘夷(じょうい)に急速にめざめ、1854年ペリー再航に際し海外密航を画策、下田沖の米艦に身を投じたが失敗して藩に幽閉される。
ひそかに教えを請う者多く、松下村塾を主宰し高杉晋作ら尊攘派志士を教育した。安政の大獄で刑死。著書(講孟剳(とう)記)は(孟子)を世界的視野に立って実践的に解釈したものとして知られる。全集がある。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php