We-Are-The-World ネットニュース

We-Are-The-World ネットニュースです。政治、社会、スポーツ、国際ニュース、科学、経済やWEBサービスプログラミング、ファッション、フードまでさまざまな話題トレンド情報を発信してゆきます。

トップ » ジョージ・ワシントン

ジョージ・ワシントン

"アメリカ建国の父"、アメリカ合衆国初代大統領 ジョージ・ワシントン。ヴァージニアで大農園を営む両親のもとに生まれ、自身も農園を経営し、山の手線内の面積の2倍以上の土地を所有していたという彼。歴代大統領人気ランキングでもトップ3の常連であるワシントンの人生

測量技師としてキャリアをスタートさせる

軍人としてのステップアップと政治家への転身

合衆国建国前、アメリカはひとつの国ではありませんでした。各州が自らの利害と思惑で動いていたからです。大陸軍の最高司令官時代、そして後の大統領時代を通して、最も苦心したのは各州間の調停。現在の大統領のように強い権限はおろか、予算もない中で、各州をまとめていくのは大変な仕事でした。しかし、私の周囲には私よりも有能な人材がたくさんいました。
彼らの能力を最大限に引き出しながら、独断で物事を決めるのではなく、それでいて強力なリーダーシップを発揮し、合衆国建国にこぎ着けたのは私の最大の功績だと自負しています。

この後、57歳でアメリカ初代大統領に就任したワシントン。実は大陸軍最高司令官にも大統領にもなりたくはなかったのだとか。当時のアメリカは利害関係が複雑。それをまとめるために、周囲の人々に"清廉潔白な人物"として知られていたワシントンが推挙されたのです。
プライベートは多趣味だったワシントンは、自宅で優雅にすごしたかったのかもしれませんが、時代が彼を求めていたというわけですね。

ワシントン 1732‐1799

米国の政治家。初代大統領(1789年―1797年)。富裕な農園主で、フレンチ・インディアン戦争で功績をあげた。1775年アメリカ独立革命が始まると革命軍の司令官に選ばれ、戦争を勝利に導いて国民的英雄となった。1787年の連邦憲法制定会議の議長を務め、憲法の発効とともに、全国民的な支持により大統領に選ばれ、彼自身の威信によって合衆国政府の権威の確立に貢献した。
1796年の大統領選挙では、3選は民主制を妨げるとして辞退、マウント・バーノンに隠退した。(建国の父)と呼ばれ、首都ワシントン、ワシントン州をはじめ多くの地がその名にちなんで名付けられている。

フォトサンプル
ページのトップへ戻る