トップ » 川端康成

川端康成

川端康成 14歳のころから小説家を志し、大学在学中から雑誌"文藝春秋"に参加した小説家の半生

東京帝大を卒業し、同人雑誌"文藝時代"を創刊する

小説家として"伊豆の踊子""雪国"を発表する

横光利一らと"新感覚派"というグループを組み、彼らと共に、日本の小説が持つ"私小説的リアリズムの否定"や"言語表現の独立性の強調"といった、新しい試みで日本文学に新風を吹かせ、日本語の文体そのものにも、大きな影響を与えました。
また、多くの雑誌の創刊にも携わり、堀辰雄や菊池寛といった、多くの文学関係者と交流を持ちました。さらには、芥川賞をはじめとする、多くの文学賞の選考委員も務め、日本文学の発展に貢献したと、自負しています。

文学を通じて諸国民の相互理解を深め、表現の自由を擁護するための国際的な団体"国際ペンクラブ"の副会長を務めるなど、国際的な活動もしていた、川端康成。1968年には、日本人初となるノーベル文学賞を受賞しています。

川端康成 1899‐1972

小説家。大阪市生れ。東大国文卒。大学在学中、1921年第6次(新思潮)発刊、1923年(文芸春秋)同人。1924年横光利一らと(文芸時代)を創刊し、初期の代表作(伊豆の踊子)(1926年)その他を書いて新感覚派の代表作家となった。その後(浅草紅団(くれないだん))(1929年-1930年)、(禽獣)(1932年)、(雪国)(1935年-1947年)、(千羽鶴)(1951年)、(山の音)(1949年-1954年)など、日本古来の美を探る作品を書いて1961年文化勲章、1968年ノーベル文学賞。自殺。

このページの先頭へ

高速検索リンク

このページの先頭へ

バナー

激安クラウド商品検索

「Webサイト構築セミナー」Movable Typeを使用して自社サイトを構築しよう!詳細はこちら。

書籍好評発売中「crema designの謎」

we-are-the-world ネットニュース menu

バナー

We-Are-The-World ネットニュースメールマガジン登録と解除

ホテルAPI検索

ファッションブランド

インターネット information

フードランド

ソフトウェア

歴史と文化

BBS

http://we-are-the-world.net/shopping/smart_search.php